日々のコラム

Category
Editor
イメージ

スタッフ/宮城

土いじりも、キッチンに立つのも、家具のペンキを塗り直すのだって。決して器用ではないけれど、小さな冒険が楽しい今日この頃です。

イメージ

スタッフ/大西

日々の積み重ねが小さな宝物。
今日も美味しく、楽しく、笑顔で過ごせますように。

SNS
FACEBOOK
INSTAGRAM
  • angers_web

    アンジェ公式Instagram新商品や話題のアイテムスタッフのおすすめなどアンジェの今をお届けしています。

  • angers_web

    アンジェファッション公式アカウント。新商品やトレンドアイテム、コーディネートなどバイヤー目線でご紹介

2017年03月17日

【私の家仕事】 料理家・みないきぬこさん家のとりあえずのおつまみ

料理家さんたちのお仕事の裏側にある、ご自宅での暮らし方。

料理家であると同時に、ひとりの妻であったり、ひとりの母であったり、ひとりの女性でもある彼女たち。この【私の家仕事】では、そんな料理家さんたちの毎日の暮らしの中にある「家仕事」について教えていただいています。

今日は料理家・みないきぬこさんに教わる、みないさん家の「とりあえず」のおつまみレシピ。
ご主人がお腹を空かせて帰ってきた時に、ひとまず晩酌を始めたい時に、ちゃちゃっと作ることができるこんなメニューが大活躍します。

 

■ むしゃむしゃ食べたい!チキンのアジアンサラダ


身体が野菜を欲している時には、こんなおつまみをむしゃむしゃどうぞ!

<材料>(2人分)

・ささみ 2本
A(ナンプラー小さじ1 こしょう少々)

・香菜 1束(30g)
・細ねぎ 20g
・きゅうり 1/2本
・大葉 2枚
・かいわれ 1/2パック
B(ナンプラー大さじ1/2、ポン酢大さじ1/2 サラダ油小さじ1、レモン汁小さじ1、砂糖小さじ1/2)



【1】
ささみは所々フォークで刺し、Aをもみ込んで5分ほど置きます。ラップをしたらレンジで1分加熱しましょう。
粗熱が取れたら細くさきます。



【2】
香菜、細ねぎはざく切り、大葉は千切り、きゅうりは縦半分に切ってから斜め切りに。すべてを合わせて冷水に5分ほど放し、水気をきります。



【3】
ボウルに、1と2とBを加えて和えたら出来上がりです。





みないさんのひとことポイント

「パクチーが苦手な方は三つ葉や、レタスで代用を。夏にはトマトや、さっとゆでたゴーヤをプラスしてもおすすめです。旬の野菜をひとつ取り入れて、アレンジしてみるのもレパートリーが増えてお料理が楽しくなると思いますよ。」




■ お酒がすすむ 豚バラザーサイ炒め





しっかりした味付けのこちらはビールにぴったり。ぐいぐいお酒も進んじゃいそうなおつまみです。

<材料>(2人分)
・豚ばら肉 120g
・ザーサイ 40g
・キャベツ 1/4個分(200g)
・にんにくみじん切り 小さじ1/2
・ごま油 小さじ1
A(オイスターソース大さじ3/4、黒酢(または酢)小さじ1、こしょう少々)


【1】
豚肉は4cm幅に切る。キャベツは一口大に切る。





【2】
フライパンにごま油、にんにくを入れて中火にかけ、香りがたったら豚肉、ザーサイ、キャベツを順に加えて炒める。Aで調味する。



【3】
お好みで、粗びき黒こしょうをかけたら出来上がりです。


みないさんのひとことポイント

「ザーサイのしっかりとした味付けと豚肉のうまみが合わさって、お酒のおつまみにも、ご飯のお供にもよく合う一品です。にんにくを控えめにすれば、お弁当のおかずにもおすすめですよ。」




みないさんに教えてもらった、「とりあえず」のおつまみレシピ。ちゃちゃっと作れるこんなメニューで、とりあえずの食卓にも大満足。今夜は大きな「ごちそうさま」の声が聞こえそうです。



= 写真・文:宮城 =




< プロフィール >


DSC_4132.jpg
みないきぬこさん
料理研究家の枝元なほみさんのアシスタントを務めた後に独立。雑誌やTVなどで活躍するほか、女子栄養大学で非常勤講師として調理実習の講義も行う。家ではひとりの女の子を育てるお母さん。著書に「はじめてのストウブ(池田書店)」「萌え断(河出書房新社)」「大豆で美味しい毎日レシピ(エイ出版社)」など。





【料理家・みないきぬこさんの本はこちら】

「はじめてのストウブ 素材別シンプルおいしいレシピ 」 池田書店



「萌え断」 河出書房新社
コラムトップ

新着コラム