お家の中でも外でも。扇風機で風革命 お家の中でも外でも。扇風機で風革命

お部屋の空気を循環させることで冷房や暖房が省エネになり、
昨今では換気にも使われる、一年中大活躍の「サーキュレーター」。
真夏の暑い日のお出掛けにも涼を持ち歩ける、「ポータブルファン」。
お家の中では自然に近い風を求めた進化系モデルも増えていて、扇風機は改めて夏の必需品になりつつあります。

今回は、より快適な暮らしを求めて様々に進化した扇風機たちをご紹介。
「上手に風を操る、心地よい暮らし」の第一歩になるアイテムが、ズラリ揃いました。

サーキュレーター

エアコンとの併用で省エネサーキュレーター

エアコンの空気を室内に均一にいきわたらせるのに効果的です。
また部屋干しで、乾燥時間を短縮することにより生乾き臭やカビの発生を抑制します。

※1時間あたりの電気代(27円/kwhで算出)
ポータブルファン

夏のお出かけにポータブルファン

いつでもどこでも、快適な風を届けてくれるポータブル扇風機。
スイッチひとつで浴びられる「マイ涼しい風」、持ち歩きませんか?

これ知ってる?扇風機の豆知識

豆知識 豆知識

扇風機とサーキュレーターの違いって?

人に向けて使う事が多い扇風機は、近くて広い範囲に柔らかい風を届け、音も比較的静か。

一方、サーキュレーターは、お部屋の空気循環を促すため、狭く強い風を遠くまで送ります。

中には、扇風機とサーキュレーターの機能性を両立する機種もありますが、一般的には双方では構造が異なるため、同じ風量でも音や風の性質は違います。

扇風機とサーキュレーターの違い

心地よく眠るためのメカニズムとは?

昼間は、心臓や脳の血液量が増え、身体の中心の温度(深部体温)が上がります。 睡眠時は、抹消の血液量が増え、放熱されると深部体温が下がり、手足が温かくなります。

深部体温を下げることで眠気が誘発され、スムーズな入眠、深い眠りを誘うといわれています。

温度と湿度が高くなる暑い夏は、寝ている時の体温が下がりにくく不眠におちいることも。

心地よく眠るためのメカニズム

快眠のキーワードは28度

睡眠中の室温は28℃前後が理想ですが、エアコンを付けっ放しだと体が冷えすぎたり、電気代も気になるもの。

そんな時は、温度設定を高めにしたエアコンと扇風機の併用で、冷たい空気を上手に循環させるのが◎。

また、扇風機だけの使用で、一晩じゅう浴びても安心な優しい風をつくり、快眠を促すのも方法のひとつです。

快眠のキーワードは28度
期間限定送料無料