今から約400年前の1616年、今の佐賀県有田で日本で最初に陶磁器が作られました。そんな歴史と伝統を持つ有田焼に、これまでのものとは異なるデザインアプローチを試み、これからの未来に寄り添う新しい器のシリーズが1616 / Arita Japanです。

道具としての器の時代を想わせつつも、モダンでシンプルな形状。用途を限定せず多様な食生活に対応してくれるフレキシブルな形と、意外な軽さ、高密度の陶土による強さを備えた「スタンダード」シリーズは、有田焼のもつ“華美ではない美しさ”を十分に私たちに伝えてくれます。

真っ白なキャンパスに絵を描くように料理の盛り付けを楽しむ事ができる器は、フォークとナイフを合わせ洋食器のようにも使用できるようデザイン。献立を選ぶことなく毎日の食卓の定番となってくれます。

/Contents/cabinet/sim0138/1616aritajapan
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ
ページのトップへ