気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

今やスマートフォンやお財布並みに生活必需品として根付いた「マスク」。
このような暮らしの中で、つけるだけでなく、出かける時の持ち物として必ずマスクの予備を鞄に入れておくことが普通になりました。

ただ花粉症などもなく、日頃からマスクをつけることがなかった人たちからすると、
「買った袋のまま持っているけど、こんなに必要ない」
「ジップロックに入れてるけど、味気ないし人前には出せない」
「手持ちのポーチに入れているけど、サイズ感やデザインに納得はいっていない」

など、アンジェスタッフ内でも新しいマストアイテム「マスク」の持ち歩き方法に悩んでいるという声がたくさん出てきました。

そんなスタッフの声もあり、現在アンジェでは、


「マスクケース 牛革×PVC素材/ATELIER BRUGGE【一部アンジェ別注】」


「bon moment ゴミ入れ付き ティッシュ&マスクポーチ」


2種類のマスクポーチを展開中。

今回は、本日登場したばかりの「マスクケース 牛革×PVC素材/ATELIER BRUGGE【一部アンジェ別注】」が気に入り、早速お試しで使っているという3名のアンジェスタッフの利用シーンをご紹介します。


おもわず見せ置きしたくなるデザインに惹かれました


ファッション担当バイヤーの池田は、日頃から服装はもちろん、日々持ち歩くファッション小物についても、自分好みのデザインのものを徹底的に探すタイプ。
今回池田が選んだカラーは、「ブラック×グレージュ」のアンジェ別注カラー。
ブラックのスマートさにグレージュの柔らかいカラーが、女性らしいちょうど良いバランス。

「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

そのままバッグにしまっても良いのですが、マスクケースとは思えないデザインだから
ランチ中やカフェ中は、スマホと一緒にテーブルの脇に置いておくことも。
マスクをお洒落に持ち歩ける、ちょっぴり自慢したくなってしまうアイテムです。


「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

食事中にマスクを外した時、バッグにポンっと入れてしまうこと多く、いつも置き場に困っていました。
でも、このマスクケースは、仕切りのポケットがついているから、手前のポケットを使用中の一時保管用・奥を予備用として分けて保管することができるので、とても使いやすいです。
衛生的で、なんといってもスタイリッシュな見た目に本当に大満足です。



スタイリッシュなデザインに一目惚れ


デザイナー白川は、普段からハイセンスなものを身に着けていて、好みがはっきりとしているタイプ。
マスクポーチというと、飾り気のない本当にシンプルなモノやカジュアルな柄のものが多く、なかなか好みに合うものに出会えず使っていなかったという中、現れたのが今回のマスクポーチ。

選んだカラーは「ホワイト×シルバー」。そのスタイリッシュなデザインに一目惚れしたそう。

「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

大振りアクセがマイブームで、シルバーの小物を少しずつ買い足していたのですが、
マスクケースでここまでしっくりくるものに出会えるなんてと感動。

このご時世マスクも持ち歩くことがエチケットとして浸透している中、
そろそろ買わなきゃと思いつつも、ついつい先延ばしに。
そんな中、お気に入りのアクセサリーを見つけた時と同じ感覚
「欲しい!」と思えるマスクケースでした。


「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

シルバーの縁取りがアクセントになっていて、
手持ちのアクセと並べても違和感なく、
バッグから出してポンと置いていてもインテリアに馴染んでくれます。


コンパクトさと衛生的なところが気に入りました


最後はわたし、安住の使用シーン。
このケースを使い始めるまでは、ちょうど良いサイズの入れ物がなく、マスクよりひとまわり大きいサイズのジップロックのような袋に入れて持ち歩いていた私。。
ずぼらな面が多々あるものの、持ち歩くものは、「可愛すぎず、シンプルすぎない、女性らしいアイテム」といった自分好みのもので揃えたいので、ジップロックとは早急におさらばしたいと思っていた中、こちらを迎えました。
選んだカラーは「ホワイト×グレージュ」の全4カラーの中で、一番柔らかい印象のもの。

「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

まず1つめに気に入ったのは、ゴムバンドでしっかり留まり、折り畳んだ状態だからコンパクトになるところ。
普段基本的に小さいサイズの鞄を使うことが多いから、持ち歩くものも必要最低限のもののみ。
最近必ず持ち歩くものたちにすっかり仲間入りしました。


「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

もう1つずぼらな私に嬉しいところが、PVC(ポリ塩化ビニル)素材を使っているから、ちょっと汚れてもささっと拭いてきれいになるところ。
家に帰ってきたら、手洗いと共にマスクケースにも除菌スプレーを。
出先で一時保管用として使うことが多いので、使ったマスクが触れているケースそのものも常に感染対策ができるのは安心です。
毎日水洗いしないといけない素材だとさぼってしまいそうな私でも、毎日除菌を習慣化できています。


ママスタッフの支持高め。「bon moment ゴミ入れ付き ティッシュ&マスクポーチ」もご紹介


もうひとつの「bon moment ゴミ入れ付き ティッシュ&マスクポーチ」は、アンジェではママスタッフの支持が高いアイテム。
6歳娘を持つ編集長大西が愛用しているマスクポーチもちょっとご紹介。

「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

日々の生活はもちろん、習い事やレジャー先でもマスクが必須になった今。出先で慌てることがないように、常に自分と娘のマスクを持ち歩いています。
不織布より布マスクが好きな娘。ワイヤーがないので、二人分もすっぽりと収まります。


「マスクどこ置く?」問題、スタリッシュに解決!見せ置きしたくなる「マスクケース」

ファスナーポケットには除菌スプレーを。もうひとつのポケットは使用したマスク入れに。キレイなものとごっちゃになることがなく助かっています。
娘が一人でも持ち歩けるようにピンクをチョイスしましたが、大人が持っても、くすみ加減が絶妙ないいカラーです。


いかがでしたか?
これからも長い付き合いになりそうなマスク。
せっかく毎日持ち歩くなら、お財布やスマートフォンケースを選ぶように、自分にぴったりのマスクケースを見つけて、ストレスのないマスク生活を叶えませんか。

【ご紹介したアイテム】
除菌シートなどでお手入れでき、衛生的に使えるPVC素材に、上質感のある牛革素材を合わせたマスクポーチ。マスクが必需品になる、新しい生活様式にもフィットします。

マスクケース 牛革×PVC素材/アトリエブルージュ ATELIER BRUGGE【一部アンジェ別注】


【ご紹介したアイテム】
ママの声から生まれた、ゴミ入れ付きのティッシュ&マスクポーチです。
※9月中旬頃、全カラー再入荷予定。

「bon moment ゴミ入れ付き ティッシュ&マスクポーチ」


コラムトップ
期間限定送料無料