気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

飲み物“テイクアウト派”さん必見♪両手がふさがらない、新アイデア商品。

飲み物“テイクアウト派”さん必見♪両手がふさがらない、新アイデア商品。

今回のコラムは、巷でじわりじわりとヒットしている、新アイデア商品のご紹介です。

出勤前&ランチ時にコンビニのコーヒーが習慣になっている方、小さな子供とベビーカーのお出かけが多いママさん、タピオカやカフェのテイクアウトドリンクで街ブラすることが多い方。このアイテムがあれば、「毎日便利」がずーっと続きそうですヨ。


■ 持ち運び簡単、「CupTie」とは?

まずは、サクッと10秒でご説明。

alt
◇ 使い方は簡単、カップにはめるだけ。
◇ 水洗いOKで、繰り返し使える。
◇ 渋谷ロフトでも売れっ子実績あり。

元々はタピオカドリンク用にヒットしたアイテムですが、カップの直径7〜10センチ/360〜700ccサイズにまで対応しているので、テイクアウト飲料が定番になりつつある今、普段使いにバッチリ使えます。くねくねっとコンパクトに収納できるエコシリコン製で、持ち歩き時も収納時もカサばりません。


■ こんなシーンでお役立ち!

では、実際に「CupTie」があるとどんな風に便利なのか?日常のあるあるシーンで見てみましょう。

alt
<スマホ、鍵、お財布>
片手にドリンクを持ちながら、会計時のお財布の出し入れ、スマホの操作、ポケットから鍵を取り出す、上着のファスナーを閉める、バッグの開閉、荷物を持ち替える、ベビーカーを押す、日傘や雨傘をさすなど、なかなか難易度高めなことは多々ありますよね。この「CupTie」があれば、ドリンクを腕に引っ掛けて、両手先が使えるようになるんです。

他にも、
<2人分をテイクアウトする時>
同僚や家族の分で、2杯のドリンクをテイクアウトする時。わざわざ紙袋を貰うと大げさだし、両手にカップを持つともう何もできない・・・そんな時も、この「CupTie」が役立ちます。

<ホット、アイスどちらも>
アツアツのホットドリンク(熱っ)、キンキンに冷えたアイスドリンクの結露(滑りそう〜)、そんな日常のヒヤッとする緊張感から解放されます。

<スポーツ観戦、イベントで>
カップ片手にスタジアムの階段の上り下り、タオルやパンフレットなど所持品の多さ。ドリンクのプチストレスを軽減すれば、イベントもより楽しめそうですね。

<1人でお出かけ時>
「ちょっとコレ持っててー」と、頼める相手が居ない1人での外出時。「CupTie」を相棒に、気ままな街ブラを楽しむのもいいかも。

<レジ袋、紙袋いらず>
ドリンク1つのために、レジ袋や紙袋は貰いづらい。(袋のために、余計なフードを併せて買ってしまうことも、、、)コレがあれば、”ドリンク1つだけ”でも、気軽に購入できますね。


■ 愛用者からアドバイス。

さて、使ってみてどうなのか?すでにコレが手放せなくなっている愛用スタッフに本音を聞いてみました。気になる注意点はというと・・・

・ 飲み物の中身が少ないと、カップが不安定になることがあります。
・ ストローの穴や飲み口からこぼれることがあります。→「CupTie」にはストローホルダーがあるので、細いストローはそこにさして持ち歩くとベター。
・構造上このようなことになるのは仕方ないですが、やっぱりあるのと無いのとでは毎日の便利さが違います!!(コーヒーを出勤時に持参派。)


■ テイクアウトをもっと楽しむために。

alt
届いたその日から、テイクアウト上級者。
コーヒーを〇杯買うと1杯無料とか、コンビニコーヒーも充実しているし、ジューススタンドに季節のこだわり新作ドリンクがあったり、ブーランジェリーでもコーヒーが一緒に持ち帰れたり、タピオカやバナナジュースなどの流行モノも次々と登場し、テイクアウトを楽しむ選択肢が増えてきていますよね。そんな時代だからこそ、この「CupTie」でもっと快適にスマートに。

# 手にした瞬間、きっと「〜勤務地または居住地〜 テイクアウト ドリンク」でweb検索をはじめちゃいますよッ。←画像検索なら、より視覚ダイレクトに情報が飛び込んでくるー。

コンビニコーヒーからタピオカドリンクまで。
テイクアウト飲料の持ち運びに、”あるとちょっと便利な”アイテム新発見です。

▼【ご紹介したアイテム】
テイクアウトしたドリンクを腕に引っ掛けられるようになるドリンクカップホルダー。両手がふさがらずに持ち運べて、スマホ操作や会計時もカップが邪魔になりません。シリコン製で水洗いOK/全2色
⇒「持ち運びカンタン Bone CupTie ドリンクカップホルダー」



コラムトップ
期間限定送料無料