気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

まるでお店みたいな極厚感!おうちで作る「夏野菜キッシュ」

まるでお店みたいな極厚感!おうちで作る「夏野菜キッシュ」

いつもの日常に近づきつつある今日このごろ。

「そろそろ人を招いて、お茶や軽い食事ぐらいしたいな」

そんな今の気分にぴったりなのが、夏野菜をたっぷりと使った極厚なキッシュ。人気の高いキッシュですが、なんとなく難しそう?に感じる方も多いですよね。

でも冷凍パイシートを使えばとても簡単に作ることができるんです。
おうちで気軽に簡単に作れる「極厚キッシュ」のレシピをご紹介します。


夏野菜キッシュの作り方


ほうれん草やベーコンが定番のキッシュですが、色々な野菜でアレンジ多彩なのも魅力。今回はズッキーニ、パプリカなど夏野菜をたっぷり入れて仕上げました。

【材料】(18センチ深型1つ分)
冷凍パイシート…2枚
卵…3個
生クリーム…200cc
ズッキーニ…1本
パプリカ…1/4
玉ねぎ…1/2
ミニトマト…8〜10個
ウインナーソーセージ…5本
とろけるチーズ…30g
塩コショウ…適量

準備:オーブンを200度に余熱し、冷凍パイシートを常温に戻しておきます。

まるでお店みたいな極厚感!おうちで作る「夏野菜キッシュ」

【1】玉ねぎ、ズッキーニはスライス、パプリカ、ウインナーは一口大、ミニトマトは半分にカットします。ミニトマト以外を炒め、塩コショウして味を整えておきます。
※野菜は大きさによって量を増減してください。大きめのズッキーニなら1/2本など。

【2】冷凍パイシートを2枚、1センチほど重ねて並べ、麺棒でのばします。型に生地を貼りあわせ、フォークで穴をあけます。

【3】生クリームと卵、コショウをボウルに入れ、混ぜ合わせ、卵液を作ります。

【4】型に炒めた具材とトマト、チーズに卵液を入れて、200度のオーブンで30〜40分焼きます。

焦げ目が気になるようであれば、途中でアルミホイルをかぶせてください。竹串をさしてドロっとした液がつかなければ完成です。

まるでお店みたいな極厚感!おうちで作る「夏野菜キッシュ」

今回使用したタルト型は、極厚キッシュを焼くのにピッタリな深型。
厚めのステンレススチールを使用することで、焼きムラを少なくしてじっくり焼き上げてくれます。
底が取れるタイプなので、極厚キッシュも簡単に型から取り出すことができますよ。

まるでお店みたいな極厚感!おうちで作る「夏野菜キッシュ」

カットは是非テーブルで。
ブレッドナイフを使えばカットも簡単。

まるでお店みたいな極厚感!おうちで作る「夏野菜キッシュ」

まるでケーキのような佇まい。こんな極厚キッシュが家で食べられれば、おうち時間も楽しいものになりますね。

まるでお店みたいな極厚感!おうちで作る「夏野菜キッシュ」

長かった自粛生活もようやく終わり、少しづついつのも時間が戻りつつある今。
まだまだ油断は禁物ですが、ちょっとしたおもてなしや、家族で過ごす週末ブランチに。
是非ご活用ください。


【ご紹介したアイテム】
ご家庭で本格的にお菓子作りを楽しみたい方のために開発された、プロに迫る本格的製菓用品です。厚めの18-8ステンレススチールを使用することで、焼きムラを少なくして、じっくり焼き上げます。

タルト型(キッシュ)底取式 18cm


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

期間限定送料無料