気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

【インスタグラマーさんのものえらび】お茶は自分で!新習慣をつくる「リバーズのサーモジャグ」

【インスタグラマーさんのものえらび】お茶は自分で!新習慣をつくる「リバーズのサーモジャグ」

梅雨が終わらず、7月にもかかわらず涼しく感じる日があったりと、なかなか真夏を迎えたとはいえないお天気が続いていますね。
そうはいっても、もう7月も下旬に入り、「暑さ×湿気」による熱中症への対策が欠かせません。

熱中症対策には「水分補給」がうたわれ、実際におうちで飲み物を飲む回数も増えるのではないでしょうか。

今日は、アイスもホットも飲み頃をキープしてくれる「リバーズのサーモジャグ」をご紹介。

食卓に出しっぱなしOKなデザイン性と使いやすさからインスタグラマーさんにもご愛用者が多数。
今回は、実際の使用感を詳しく教えていただきました。ご紹介する4名全員が絶賛したポイントも必見です。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

これで娘が一人でお水が飲める◎(@ak__ie__ie さま)


北欧・シンプル・ナチュラル・透明感がコンセプトとなっているインテリアが素敵な
ak__ie__ieさまは、ベージュをチョイス。

alt
朝夕の家事を少しでもラクにすべく
保冷ポットに飲み物を入れておくことに。

これで娘が一人でお水が飲める◎
開閉がプッシュ式でワンタッチなので
小さい子どもでも使いやすいです。
ペットボトルでコップにお水を注ぐのは上手にできないけど
これならこぼさずに注げました。


alt
色はエリソンを意識したベージュ。
アウトドアぽい雰囲気もあるカラーだから
外遊びに持って行っても映えそう。と、夫が申しておりました。

<写真・コメント@ak__ie__ie さま>


このジャグは小さい母さんでも持てる重さ。(@siippo さま)


ウッド調のインテリアとお子様の仲良しな様子のpicが素敵なsiippoさまも、ベージュをお選びに。
alt

ひと仕事終えた小さい母さん。
大好きな塩けんぴで休憩中。。。
このジャグは小さい母さんでも持てる重さ。
自分でコップを持ってきて好きな時にお茶をのんでいます。
なんでも"自分で"やりたい小さい母さんは嬉しそう。
お茶〜!と、こどもたちに呼ばれなくなったことで母さんも助かります〜


<写真・コメント@siippo さま>


念願の『お茶は勝手に飲んでね』スタイル♡(@ks._.myhome さま)


整理収納アドバイザーやお掃除スペシャリストでもあり、暮らしの知恵を豊富に発信されているks._.myhomeさまは、「ずーっと欲しかった」アイテムとして、ブラックのサーモジャグをお選びになったそう。
alt

色々と迷ったけど、金額もお手頃のものに。
1リットルちょっと入ってとても洗いやすいんですが、一番使ってて良かったのが、ちょっとずつしか出ないこと!ちょっとずつといってもチョロチョロ〜ほどじゃないけど、ドバッと出ないから子供たちも上手に注ぐことができます!


alt

念願の『お茶は勝手に飲んでね』スタイル。
いや、これだけで家事が少し捗るんじゃない?と思いました(笑)
3色くらいから選べたけど我が家はブラックに。


alt

インスタでよく勝手に飲んでスタイルをやられてる方の投稿見ててすごく羨ましかったので、我が家も今年から参加いたしまーす


<写真・コメント@ks._.myhome さま>


保冷・保温効果も充分だし、年中大活躍しそう♩(@miiiiiii_y さま)


シンプルなテイストのインテリアや器使いを真似したくなく食卓など、おうちのどこを切り取っても素敵なmiiiiiii_yさまは、「ずっとカラーで迷っていた」中、「インテリアに黒が増えすぎていたからステンレスにして正解でした。」とカラー選びも納得の上、お迎え。
alt

これ、本当購入して良かったです!

なんてったって子どもたちが自分で注ぎやすい!

上にあるボタンをワンプッシュするだけ開閉できます。

5歳の息子でも、両手で持てば問題なしでした


alt

こぼれる事もないし、手がすっぽり入るのでお手入れもしやすいし使い勝手は申し分ないです


alt

保冷・保温効果も充分だし、年中大活躍しそう♪


<写真・コメント@miiiiiii_y さま>


【ご紹介したアイテム】
シャープなステンレスとあたたかな天然木とのコントラストが美しいサーモジャグ キート。食卓で絵になる、スタイリッシュな保温・保冷ジャグです。

リバーズ サーモジャグ キート/Rivers


いかがでしたか。

ご紹介した4名のインスタグラマーさん全員が、子どもも自分で注げるというところに、大きなメリットを感じているようでしたね。
当たり前だと思っていた、「ママ、のど乾いた〜」からコップに注いであげるまでのこの毎日のできごとがなくなり、子どもたちが自分でできるようになれば、親にとってはちょっぴり楽に、子にとってもひとつの成長にもつながりそう。

今年の夏は、「サーモジャグ」で新習慣始めませんか。

コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

期間限定送料無料