気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?

「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?

最近はオフィスでスニーカースタイル!という方も多くなってきていますよね。
ヒールの高い靴を履いて、気を引き締めたいときもあるけれど、「歩きやすさ・むくみづらさ」などラクさを重視すると、オンでもオフでもぺたんこ靴を選ぶことが多いのではないでしょうか。

今回は、アンジェに新登場した「抜群の履き心地×女性らしいデザイン」を叶えた
「足に吸い付く 柔らか本革バレエシューズ/Agreable」」
についてご紹介。

実際に試着したスタッフの感想やサイズ選びアドバイスから、今秋試してほしいコーディネートなど、あらゆる視点で新作バレエシューズを調査!
ぜひ参考にしてみてくださいね。


柔らか本革バレエシューズ最大のこだわりは?


【こだわり1:柔らかさ】
屈曲性を重視するため、できる限り柔らかな、厳選した上質な羊の本革を使用しているから全体的に柔らかく、
さらに、履き口にもストレッチ性のある素材を選ぶことで、足に吸い付くようなフィット感も叶えました。

「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?


【こだわり2:軽さ】

片足の重さはなんとたったの約130g。(24.5cm)。
アッパー、内側の素材、ソールまでそれぞれの場所の適材適所な素材を考え、ベスト組み合わせによって軽量化が実現しました。

「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?


実際に履いてみたスタッフのリアルな声


「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?

スタッフA:ぺたんこ靴大好き(足のサイズ23.5cmか24.0cm)


【履き心地について】
履いた瞬間、本当にふかふかしていて足が優しく包まれている感覚があり、とても驚きました。
内側に使われているスポーツメッシュ素材が、足の当たるどの部分も柔らかくしてくれているから、硬いと感じるところが全くありませんでした。
またとても軽いので、何も履いていないかのような感覚で、足に負担がなく、長距離歩くときにも真っ先に選びたくなる履き心地でした。

【サイズ選びについて】
ポインテッドトゥの靴はサイズ選びが難しく、今回も迷いましたが、24.5cmを選びます。
少し大きめに作られているものだと23.5cmを選ぶ時もあるけど、基本は24.0㎝のことが多い私には、やはり23.5cmは窮屈感がありました。
24.0cmはぴたっとしているけれど特に問題はありませんでしたが、これからの季節タイツとあわせることを考えると少し余裕がある24.5cmがベストだと思いました。


「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?

スタッフB:たまにヒール、基本ペタ靴派(足のサイズ22.5cm)


【履き心地について】
最近は中敷きのふかふか感を謳った靴が多いので、また同じようなもの?と思っていたらいい意味で裏切られました!
全方位ふかふかに包まれる感覚で、これはちょっとした感動体験。
革の靴は好きなのですが、馴染むまでは痛さも伴う。。というイメージがありましたが、こちらはシープスキン。はじめから靴擦れ知らずの柔らかさ。
羊の革は赤ちゃんのファーストシューズでも使われるほど、納得の柔らかさでした。

【サイズ選びについて】
ポインテッドトゥの靴はワンサイズ上げることがほとんどです。
ファルファーレのポインテッドトゥは36(23センチ)を履いています。今回も23センチでピッタリ、あつ手のタイツなどはくなら23.5センチがいい感じでした。
甲は低いのに幅は広めなので、吐き口の浅いパンプスはしっくりこないことが多いのですが、本当に吸い付く履き心地。
カパカパしない&秋冬メインで履きたいので23.5センチを選びます。
今までバレエシューズで小走りする時は、パカパカしなように力を入れて!?いたのですが、これなら全力疾走も夢ではなさそうです。


「ヒールがないから歩き疲れない」ではなく、「履き心地が気持ちよいから歩き疲れない」を目指し、細かい部分まで考えて作られているんです。

サイズ選びはポインテッドトゥなので、いつも選ぶサイズよりも1〜2サイズあげるとちょうどよさそう
商品ページでは、様々な足のサイズのスタッフの試着コメントが読めるので、ぜひそちらもあわせて参考にしてみてくださいね。


今秋チャレンジしてほしいコーディネートをご紹介


「ぺたんこシューズ=カジュアル」という印象があるかもしれませんが、バレエシューズは品の良さや女性らしさも感じられるから、様々なコーディネートに合うのが◎。

「柔らか本革バレエシューズ」を使った今秋チャレンジしてほしいコーディネートをちょっぴりご紹介します。


トレンドでもある「女性らしいリラックスコーデ」に


「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?

体型をひろうぴたっとしたシルエットよりも、今年はトップス・ボトムス共にボリューム感のあるものがトレンド。
ふんわりとした全体的シルエットにしっくりとなじむのが、「バレエシューズ」。
スニーカーをあわせるとカジュアルすぎるけれど、バレエシューズにすることで女性らしさも忘れないバランスの良いコーディネートが完成します。

【コーディネートアイテム】


・ボリュームスリーブ 後ろパールブラウス/ディシテ dignite
(着用/ブラック)


・とろみ素材で綺麗見え イージーギャザーパンツ/アグレアーブル Agreable【MADE IN JAPAN】
(着用/グレー)


・【日本製】足に吸い付く 柔らか本革バレエシューズ/アグレアーブル Agreable
(着用/ブラック)



かっちりすぎない「オフィス仕様なシャツコーデ」に


「柔らか〜い!」つい声が出るほどの履き心地を実現した「柔らか本革バレエシューズ」って?

長さのあるトップスも今季よく見るデザイン。下に細身のパンツをあわせるとバランスがとれます。
しかしヒール高めのパンプスをあわせると、かっちりしすぎた印象に。。。
「バレエシューズ」をあわせることで、今年らしさのあるコーディネートに仕上がります。

【コーディネートアイテム】


・ふんわりギャザー ロングシャツチュニック/アグレアーブル Agreable
(着用/オフホワイト)


・プルプルポンチ タックパンツ/アグレアーブル Agreable 【MADE IN JAPAN】
(着用/ネイビー)


・【日本製】足に吸い付く 柔らか本革バレエシューズ/アグレアーブル Agreable
(着用/ パイソン)



いかがでしたか。
あらゆるファッションにあわせやすく、シーンも選ばないバレエシューズは、1足あるととっても助かるアイテム。
何よりそのふかふかの履き心地は、ぜひ一度体感してほしいアンジェこだわりの1足です。



【ご紹介したアイテム】
柔らかな本革(シープレザー)を使った、足馴染みの良いバレエシューズ。走っても、かかとがパカパカしにくくピタッと付いてくるような履き心地です。軽量なのもポイント。

【日本製】足に吸い付く 柔らか本革バレエシューズ/アグレアーブル Agreable【送料無料】



コラムトップ
期間限定送料無料