気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

旬の味をゴロッと頂く。セラベイクで作る「新じゃがいものキッシュ」

旬の味をゴロッと頂く。セラベイクで作る「新じゃがいものキッシュ」

暖かい日差しが気持ちよい季節。
美味しさがギュッと詰まった春野菜も旬を迎えています。

春の野菜といえば、
新じゃがいも、新玉ねぎ、春キャベツ、菜の花、たけのこ、山菜、ソラマメ、アスパラなどなど。
どれも味が濃くって旨味が強く、栄養価も高い。
旬を味わうと、美味しいだけでなく、パワーがもらえるなんて嬉しい事尽くめなんです。

今回は、そんな期間限定の美味しさを十分に味わうレシピをご紹介します。
セラベイクのパウンド型で作る、新じゃがいもがゴロゴロと入ったキッシュは、カットした時の断面のインパクト◎です。

旬を味わう。新じゃがいものキッシュの作り方


■材料
冷凍パイシート…1枚
生クリーム…200cc
卵…2個
新じゃがいも…小3個(約230g)
新玉ねぎ…1/2個
アスパラ…2~3本
スモークサーモン…40~50g
塩胡椒…少々
とろけるチーズ…適量
オリーブオイル…適量

■下準備
オーブンを200度に予熱しておきます。
冷凍パイシートを常温に戻しておきます。

alt

【1】新じゃがいもを一口大に切り、耐熱容器に入れ、ラップをかけ、柔らかくなるまで電子レンジで加熱します。

【2】玉ねぎは薄くスライス、アスパラは皮をむき、固い部分を切り落とし、4~5分割にしておきます。

【3】スモークサーモンは、2cm幅に切っておきます。

【4】フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、アスパラを入れ炒めたら、新じゃがいもとスモークサーモンを加え、さっと炒め合わせ、塩胡椒をします。

alt

【5】常温に戻した冷凍パイシートを麺棒で伸ばし、型に敷き、フォークで数か所穴を開けておきます。

【6】【4】で炒めた具材を、型にバランス良く入れていきます。

【7】ボウルに生クリームと卵を入れ、混ぜ合わせます。チーズも加えてさっくり混ぜたら、型に流し入れます。

【8】200度に予熱したオーブンで、30~40分焼きます。竹串を刺して、液が出てこなければ完成です。

alt

焼き時間は、ご家庭のオーブンに合わせて調整してくださいね。また、途中で焦げてくる場合は、アルミホイルを被せてください。

出来立てのアツアツも美味しいのですが、きれいな断面を出すには、しっかりと冷ましてからカットするのがポイントです。
冷めてからも美味しく、持ち運びもしやすいので、春空の下のピクニックランチにもピッタリです。

alt

新じゃがいもは、通常のじゃがいもに比べてビタミンC含有量が約4倍とも言われています。
季節の恵みをたっぷりのキッシュで、美味しく免疫力を高めてはいかがでしょうか。



【ご紹介したアイテム】
バターをぬったりクッキングシートを敷かなくてもOKの、オーブン料理に心強い味方です。

セラベイク 焦げ付かないオーブン皿「パウンドケーキM」CeraBake


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

期間限定送料無料