気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

新鮮なのに、着回し力抜群!「Agreableのペダルパンツ」身長別スタッフ着用レポ

新鮮なのに、着回し力抜群!「Agreableのペダルパンツ」身長別スタッフ着用レポ

おうち時間が続く中、引き続きカジュアルファッションが主流となっている今。
着回し力があるのに、新鮮さも感じられる「ペダルパンツ」が、Agreableの新作として登場しました。

今回はそのペダルパンツの特徴についてと、2サイズ展開のパンツどちらが良かったかを身長の異なる4名のスタッフが選んだ着用レポ&コーディネートをご紹介します。

ペダルパンツってどんなパンツ?


alt

スキニーでも、ワイドでもないシルエットが特徴のペダルパンツ。
ヒップまわりに余裕を持たせ、徐々に先細シルエットになったテーパードパンツのことをいいます。

「細身だと、腰回りや太もも周りのシルエットが気になる」
「ワイドだと、バランスがとりづらく、着られている感じや、だらしない印象になってしまう」
そんな方々の新定番としてぴったりなパンツなんです。

alt

また、ウエストはゴム仕様で履き心地はとても楽ちん。
おうち時間やご近所でのリラックスコーデ、子どもたちとの外遊びなど、着心地を重視したい日に重宝する仕様です。

ユニセックスな印象も与える、こちらのパンツ。
どんなコーディネートが良いか悩む方も多いと思いますが、実はあらゆるトップスと相性抜群!
今回は小柄さんから背高さんまで4名のスタッフに、実際に履いてもらいコーディネートを考えてみてもらいました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「太ももに程よくゆるさのあるシルエットです」(バイヤー田澤)


■身長:155cm
■着用カラー:デニム/インディゴ(Sサイズ)

alt
▲155cm、Sサイズ(色・デニム/インディゴ)


「普段のサイズ7号〜9号くらいです。
ウエストのサイズがちょうどよく、太もものシルエットが程よくゆるさがあり、バランスがよかったので、Sサイズを選びました。
丈の長さはくるぶしまでくるので、サンダルからパンプスまで年間通して楽しめそうです。」


alt
▲155cm、Sサイズ(色・デニム/インディゴ)


「こっくりしたインディゴなので、秋らしいベージュのニットを合わせました。
ペダルパンツのゆとりのあるきれいなシルエットが出るように、トップスはインしています。
洋服が全体的にリラックスしシルエットなので、靴やバッグをレザー素材にして引き締めました。
秋冬のボリュームのあるニットからブラウスまで、お腹周り気にせず色々なスタイリングが楽しめそうです。」


「気太り感もなく、意外にすっきりと見えました」(広報苅谷)


■身長:158cm
■着用カラー:チノ/ブラック(Sサイズ)

alt
▲158cm、Sサイズ(色・チノ/ブラック)


「かなりゆったりとしたシルエットです。
今までゆったりとしたパンツはあまり履いたことがないのですが、履いてみると心配していた気太り感もなく、意外にすっきりと見えました。


alt
▲158cm、Sサイズ(色・チノ/ブラック)


「カジュアルな印象ですが、ローファーと合わせることでキレイめな印象にも見えて新鮮でした。
ややゆとりあるトップスと合わせれば旬ぽくもなり、すっきりシルエットのトップスと合わせても、気太り感を解消できそうです。

カジュアルからキレイめまで、振れ幅広めに楽しめそうな1本です。


「ヒップゆったり&ウエストゴムで、履き心地が良かったです」(スタッフ金本)


■身長:162cm
■着用カラー:チノ/ベージュ(Mサイズ)

alt
▲162cm、Mサイズ(色・チノ/ベージュ)


「普段ボトムはLやLLを履いているのですが、このパンツは股上深く、ヒップもゆったりなのとウエスト全体がゴムなのでサイズMで締め付け感なく履けました。
気になる腰やヒップ、太もも部分がゆったりとしているため履き心地が良い上に、ふんわりしたフォルムから足首にかけて細くなっているデザインがとても気に入りました!」


alt
▲162cm、Mサイズ(色・チノ/ベージュ)


「今回スニーカーで合わせたかったので、トップスはカジュアル過ぎないふんわりブラウスと、お気に入りのMSNOMのピアスで合わせました。
寒くなってきたらこの上にロングカーディガンを合わせて着たいです。ボトムがベージュだとトップスは寒い時期に着がちなブラックを着ても重過ぎなく出番が増えそうです。」



「このパンツを履くと適度にカジュアルダウンできます」(バイヤー平山)


■身長:165cm
■着用カラー:チノ/ベージュ(Sサイズ)、チノ/ブラック(Mサイズ)

alt
▲165cm、Sサイズ(色・チノ/ベージュ)


「ベージュSはすっきり履ける感じで、着丈はくるぶしが出るくらい、165cmの身長だと少し短めな印象でした。ウエスト部分がゴムなので楽ちんですが、360度インすると腰回りが少しもたつくので、前だけインの方がバランスよく着れそうです。」


alt
▲165cm、Sサイズ(色・チノ/ベージュ)


ゆるめのシルエットで、ボーイッシュな印象が楽しめるパンツでした。普段は比較的きれいにまとめてしまうことが多いですが、このパンツを履くと適度にカジュアルダウンできます。
暑さがまだ残る時期は、タンクトップにブラウスやカーディガンを羽織るとちょうどいいバランスで履くことが出来そうです。」


alt
▲165cm、Mサイズ(色・デニム/インディゴ)


「インディゴMはウエスト周りはゆとりがありましたが、気にならない程度でした。こちらのサイズのほうが、よりボーイッシュな印象で、このパンツのシルエットを楽しめる気がしました。着丈はくるぶしまで隠れるくらいです。」


alt
▲165cm、Mサイズ(色・デニム/インディゴ)


「カジュアルに見えすぎないように、袖元にギャザーの入った甘さのあるブラウスを合わせたのがコーディネートのポイントです。
足元もスニーカーではなく、トレンド感のあるバブーシュ風スリッパを合わせてみました。」



いかかがでしたか。SとMの2サイズ展開のこちらのパンツ。
サイズ選びでお悩みの方は、股下の長さは変わらないので、ウエストやヒップ周りの普段のサイズ、どんなテイストのコーディネートに合わせたいかをもとにサイズをお選びいただくのがおすすめです。

【Sサイズがおすすめな方】
・きれいめなトップスともあわせたい方
・カジュアル過ぎないシルエットで履きたい方
・高身長だけどアンクル丈で履きたい方

【Mサイズがおすすめな方】
・よりカジュアルなテイストを楽しみたい方
・普段LやLLサイズをお選びの方
・腰回りやおしりの体型カバーを重視したい方


定番のデニムと同じようにトップスを選ばない万能ぶりなのに、いつもと少し印象が変わったコーディネートをつくってくれるペダルパンツ。
オールシーズン活躍してくれるから、カジュアルテイスト好きさんのワードローブに1枚あると嬉しい1着です。


【ご紹介したアイテム】
ゆったりとしたテーパードで、旬のカジュアルスタイルにぴったりなペダルパンツ。着てみると自然とスッキリ決まり、合わせやすいのもポイント。トレンドのリラックコーデにも相性◎


ペダルパンツ/イージーワイドアンクルパンツ/アグレアーブル Agreable【MADE IN JAPAN】



コラムトップ
期間限定送料無料