気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

年金手帳、通帳、パスポートどこにしまってる?暮らし別「貴重品ケース」のスタッフレポ

年金手帳、通帳、パスポートどこにしまってる?暮らし別「貴重品ケース」のスタッフレポ

おうちの中にある貴重品たち、みなさんはどうやって保管していますか。
通帳や印鑑、カード類などお金にまつわるものや、保険証や母子手帳など通院に必要なもの、運転免許証やマイナンバーカードなどの証明書関連、、、
大切に保管しなければならないものってたくさんありますよね。

本日アンジェに登場した「本革ラムレザーがま口貴重品ケース/Agreable」は、口が大きく開く仕様で中身が見やすく、使うたびにちょっぴり気分が上がりそうな本革のコロンとしたデザインが特徴。

alt

内装は、
・フリーポケット(大) 5つ
・側面ポケット(両サイド) 2つ
・ファスナーポケット 1つ
・カードポケット 6つ

何を入れるか次第で、様々な使い方ができるこちらのアイテム。
今回は、暮らしの異なるアンジェスタッフ3名に試してもらい、それぞれの我が家の使い方を教えてもらいました。


夫婦+子ども「ファミリー世帯」の場合


alt


「このケースには母子手帳など子どもに必要なものをひとまとめにしています。
頻度の高い母子手帳や医療証、保険証まで、これ1つですっきり収納可能。」


alt
※母子手帳は自治体によってサイズが異なるので、必ず確認してみてくださいね。


「この貴重品ケースは、がま口でガバッと大きく広げて中を見ることができるので、何が入っているか一目で分かるので、病院の受付でもモタモタせずに済みます。
中には子どもの
・母子手帳
・お薬手帳
・健康保険証
・医療証
・診察券4枚
を常備。」


alt


「また、使い勝手だけで無く、レザーケースというところも気分が上がるポイント。
同素材のアグレアーブルのカードケースをお財布代わりに使っていますが、どちらもすべすべした手触りでうっとりするほど。

自分で保管できる年齢になったら、このケースごと渡してあげたいです。」



2人暮らし「共働き夫婦」の場合


alt


「夫婦共働きの我が家では、通帳や年金手帳など個人の貴重品は独身時代から変わらず、各自で管理しています。夫婦共通口座の通帳やカードはわたしが管理していましたが、必要な機会がある度、夫から「どこに仕舞ってるんだっけ?」と必ず聞かれ、その度に自分の貴重品ケースからがさごそと探していました。

あまり頻繁に出すことがないからこそ、そこまで気にして改善しようと思っていませんでしたが、わたしが不在のときや急に必要となったとき、これでは困るだろうなぁと思い、共通の貴重品ケースとして使用。


alt


「中に入れたのは、
・通帳 1冊
・キャッシュカード
・パスポート 2冊
・年金手帳 2冊
・税金のお知らせ通知
・商品券
・海外紙幣

これだけ入れてもまだ余裕があったので、それぞれの通帳も入れられそうでしたが、重ねて管理すると磁気不良の可能性があるそうなので、個人のものは引き続き各自で管理。
その代わり、パスポートや年金手帳といった使用頻度は少ないけど失くせない必需品など、まとめてしまった方が管理しやすいものを入れています。」


alt


「ファスナーポケットやカードポケットもまだまだ余裕があり、夫婦2人の共通貴重品だけなら持てあますほどの収納力。
ライフスタイルが変わるにつれて収納したいものも代わってくると思うので、少し余裕を感じるくらいが今のわたしたちにはちょうど良いのかもしれません。」


alt


「貴重品ケースと聞くと事務的で可愛くないものをイメージしていましたが、こちらはコロンとしたフォルムで可愛らしさを感じながらも、男性が持っていても違和感のない上品な質感と色味。性別を感じさせないユニセックスなデザインも個人的には嬉しいポイントでした。」



ひとり暮らしの場合

alt


「これまで貴重品類はファスナー付きのケースにひとまとめにいれていたのですが、仕切りがないので、中身が見づらく、何かを取り出すという時は、そのケース内を都度がさごそと探すという、ずぼら感満載の管理になってしまっていました。

こちらの貴重品ケースは、たっぷり入るのに、蛇腹タイプだから中身が一目瞭然ですっきり!どこに何が入っているかすぐにわかり、使ったら元に戻す流れが自然とできるので、いつもキレイに整理整頓ができています。」


alt


「中には、
・通帳2つ
・カード4枚
・年金手帳
・パスポート
・現金(1万円札×2枚)
※ケースに入れるときは封筒から出しています。
・鍵

印鑑や通院系で使うものなどは別に保管し、使用頻度はそこまで高くないけれど、定期的に使用することのある重要なものをひとまとめにしました。
ファスナーポケット部分に鍵を入れましたが、そこまでかさばらない厚み。
毎月の公共料金の領収書や保証書関連などがまとまっている引き出しに入れてみましたが、すっきりと収納することができました。」


alt


「また、ずぼらな性格ゆえ無機質なデザインのものだとやる気が起きず、管理がだんだんと適当になりそうだと思い、管理用のケース類はちょっぴり気分が上がる自分のお気に入りのものを使うようにしています。
こちらは、なめらかなラムレザーを使用した上質感とがま口デザインがとてもかわいく、まさに私にぴったり!笑

お気に入りのものを使いながらだと、ちょっと面倒な整理整頓も前向きに取り組めるので、これから作る予定のマイナンバーカードを入れたり、暮らしの変化に合わせて、長い期間楽しく管理を続けるための仲間として迎えたいです。」


alt


いかかがでしたか。
それぞれの暮らしに合わせて、少しずつ入れるものを変えてより良い使い方を見つけられそうな貴重品ケース。
大切な貴重品類は、ほとんど入れ替えたりすることがなく、長い期間使用するものたちだからこそ、
使うほどに馴染む本革ケースで、大切に大切に保管しませんか。



【ご紹介したアイテム】
本革ラムレザーの貴重品ケース。使いやすいがま口タイプです。通帳、パスポート、年金手帳、マインナンバーカードなど、おうちの貴重品をまとめて保管できます。

本革ラムレザー がま口 貴重品ケース/アグレアーブル Agreable【送料無料】


コラムトップ
期間限定送料無料