2016年09月30日

余ったシチューで! 我が家の簡単ヘルシーグラタン

肌寒い夜も多くなって、身体が温まるシチューやスープが恋しくなるこの季節。
ちょっぴりズボラで食いしん坊な我が家では、夜に作って余ったシチューで翌日はグラタン・・・なんてことをよくやる季節でもあります。

今夜は身体がほっこり安心する豆乳のシチュー。
余ったシチューで、熱々のグラタンまで、どうぞ美味しくお召し上がりください!



■  身体がほっこり 豆乳でつくるキノコたっぷりヘルシーシチュー





1:
<材料> 3-4人分
・タマネギ 1個
・鶏もも肉 1枚
・キノコ(お好みで!) 
今回は、マッシュルームとしめじとマイタケを1パックずつ使用しました。
・豆乳(市販のおから入りのもの) 2カップ

・バター 20g
★チキンスープ(顆粒タイプ) 大さじ2
★塩 少々
★こしょう 少々

2:
バターで薄切りにしたタマネギを炒めます。
透き通ってきたら、一口大にした鶏もも肉を入れて火が通るまで炒めます。

3:
キノコ類を入れて、軽く炒めます。

4:
豆乳を入れ、★マークの材料を入れて味を調えます。

市販のおから入りの豆乳は少しどろりとしているので、このままでシチューのようなとろみが出ます。
もしさらりとした通常の豆乳しか手に入らなかった場合は、豆乳を入れる前にとろみづけのため小麦粉を材料全体に軽くまぶしてくださいね。



■  余ったシチューでつくる 簡単グラタン





1:
<材料>
・余ったシチュー
・ショートパスタ 適量
・とろけるチーズ 適量
・パルメザンチーズ 適量

2:
余ったシチューを温めた状態で茹でたてのショートパスタを入れ、まんべんなく混ぜ合わせます。

3:
グリラーや耐熱皿などに入れ、上からとろけるチーズとパルメザンチーズを振りかけます。

4:
オーブンやグリルで、表面に焦げ目ができるまで焼いて出来上がりです。



バターやチーズの量を調整すれば、ちょっぴり食べ過ぎちゃっても身体に重くないヘルシー豆乳シチュー&グラタン。
パスタをお米に変えれば、ドリアでも楽しめるレシピです。

旬の具材を取り入れて、熱々レシピをどうぞ召し上がれ!




= 文・写真:宮城 =




【ご紹介したアイテム】

自宅でも愛用している機能美カトラリー。アンジェからもついに発売です。
cutipol GOA ディナーフォーク/クチポール ゴア

cutipol GOA テーブルスプーン/クチポール ゴア



コラムトップ

新着コラム

期間限定送料無料