気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

【イースター卵レシピ第2回】モンサンミッシェル風オムレツ&クラウドエッグ

【イースター卵レシピ第2回】モンサンミッシェル風オムレツ&クラウドエッグ

春に食べたい!卵料理。
第1回は「ふわふわ新食感、スフレオムライス」をご紹介しました。

本日ご紹介するのは「オムレツ」と「目玉焼き」といったお馴染みの卵料理。
こちらも卵を泡立ててメレンゲにすることで、新食感料理に変身するんです。
しかも少ない材料で作れるのも大きな魅力。
いつもの朝ごはんにふわふわ卵料理を加えてみましょう。


材料2つ!モンサンミッシェル風オムレツ


卵1個で作る、モンサンミッシェル風のスフレオムレツ。
スキレットで焼いて、熱々のふわふわをどうぞ。

材料:(1人分)
卵:1個
バター(有塩):大さじ1/2

【イースター卵レシピ第2回】モンサンミッシェル風オムレツ&クラウドエッグ

【1】
卵1個を、角が軽く立つ程度までブレンダーで泡立てます。
【2】
スキレットを火にかけバターを溶かし、泡立てた卵を泡を潰さないように流し入れます。
【3】
弱火で3分〜4分程焼きます。表面に気泡ができてきたらアルミホイルをかぶせ、さらに1分弱火で焼きます。
【4】
半分に折り返して完成です。

【イースター卵レシピ第2回】モンサンミッシェル風オムレツ&クラウドエッグ

バターの塩分だけで美味しく頂けますが、お好みでケチャップをかけても美味しいですよ。
フライパンで焼いてお皿に移し替えてもOK。
スキレットで焼けば泡が潰れない、熱々のうちに食べられます。


もこもこ目玉焼き エッグインクラウド


アメリカ版目玉焼きのエッグインクラウド。
その名の通り、雲のようなふわふわ不思議食感!パンと一緒に焼けば、それだけで簡単楽しい朝ごはんの完成です。

材料:(1人分)
卵:1個
塩コショウ:適量

※以下、お好みで
フランスパン:3切れ
ベーコン:2〜3枚
オリーブオイル:適量

【イースター卵レシピ第2回】モンサンミッシェル風オムレツ&クラウドエッグ

【1】
卵を卵白と卵黄にわけ、卵白をツノが立つまでメレンゲ状に泡立てます。
【2】
スキレットにベーコン、バゲットを並べ、オリーブオイルを回しがけます。
【3】
メレンゲをバゲットの上にのせ、真ん中にくぼみをつくっておきます。
【4】
真ん中に黄身を落とし、お好みで塩コショウします。
トースター、または220度に温めたオーブンで5分ほど焼いて完成です。

【イースター卵レシピ第2回】モンサンミッシェル風オムレツ&クラウドエッグ

バゲットのかわりにカットしたトーストでもOK。
ベーコンやウィンナー、温野菜などお好みのものを加えれば、ワンプレートで美味しく栄養価の高い朝ごはんの完成です。
黄身は半熟に仕上げ、メレンゲやパンに絡めるのがおすすめの食べ方です。


メレンゲ作りの救世主、スリムブレンダー


【イースター卵レシピ第2回】モンサンミッシェル風オムレツ&クラウドエッグ

メレンゲ作りで大変なのは泡だて。ハンドミキサーは収納に場所もとるし、ブレンダーの泡立て器が1本のものだとパワーがイマイチ。
そんな時に便利なのが、スリム型ブレンダーなのに、2本の泡立て器でしっかり泡立てられるタイプのもの。
しかも底面がフラットになっているので、卵白1個分、生クリーム100mlと少ない量でもしっかりと泡立てることができます。

女性の手でも片手で持てる軽量ボディ。
泡立てが簡単になると、ぐっと料理の幅が広がりそうです。

いつもの卵料理にちょっと変化を加えて、春の料理を楽しみましょう。



【連載特集】もうすぐイースター!春の卵レシピ
【第1回】新食感!ふわふわスフレオムライス
【第2回】卵ひとつ!スフレオムレツ&クラウドエッグ
【第3回】関西風!厚焼きたまごのサンドイッチ
【第4回】ゆで卵&野菜多めのミートローフ





【ご紹介したアイテム】

つぶす、混ぜる、泡立てる。あなたの毎日の料理を優しくサポートしてくれる、recolte ハンディブレンダー スリムプラス。
ポタージュやスムージー、離乳食作り、クリームの泡立てなど、お料理の下ごしらえからお菓子作りまで、これ1台でメニューの幅をグーンと広げてくれるセットです。
recolte ハンディブレンダー スリムプラス/レコルト 6,480円(税込)

コラムトップ
期間限定送料無料