気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

混ぜて焼くだけで本格的!「話題のバスクチーズケーキをおうちで作ろう。」

混ぜて焼くだけで本格的!「話題のバスクチーズケーキをおうちで作ろう。」

数年前から話題のスペイン発祥の「バスクチーズケーキ」。
最近は、ケーキ屋さんやコンビニスイーツのラインナップに見かけることもしばしば。

インパクトの強い真っ黒な見た目から、
「このケーキ、焦げちゃってるけど、失敗作じゃないの?!」
と言うツッコミをした人も多いのでは(笑)。

高温で焼き、焦がすことで、チーズケーキの濃厚さと同時に、香ばしさを味わうことができる、いわば、大人のチーズケーキなんです。

その作り方は、混ぜて焼くだけと、いたってシンプル。
ポイントはたった一つ、その特徴である焼き色をしっかりとつけること。

しかも、セラべイクのパウンド型を使えば、型にオーブンペーパーを敷かなくても、焼きあがったケーキをスルッと取り出すことができます。さらに使用後は、漬け置き洗いしなくても汚れをサッと落とすことができるから、とってもストレスフリー。
秘密は、耐熱ガラスの内側にセラミックコーティングを施してあるから。

セラベイクを使って、ご家庭でお気軽に、流行りの味を楽しんでみませんか。

混ぜて焼くだけ。簡単バスクチーズケーキの作り方。


【材料】
クリームチーズ 200g
グラニュー糖 60g
卵 2個
薄力粉 大さじ1と1/2
レモン汁 小さじ2
生クリーム 130g

【下準備】
■クリームチーズは常温に戻すか、耐熱容器に入れふんわりとラップをかけ電子レンジで1分ほど加熱し柔らかくしておきます。
■オーブンを250度に予熱します。
■卵2個は溶いておきます。

alt

【1】ボールにクリームチーズを入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。グラニュー糖を加え、さらに混ぜます

【2】薄力粉を加え、混ぜます。

【3】溶き卵を2~3回に分けて加え、その都度よく混ぜます。

【4】レモン汁を加え混ぜたら、生クリームを少しずつ加えます。

alt

【5】セラベイクに生地を流し入れ、250度に予熱しておいたオーブンの温度を230度に下げて、25~30分焼きます。

【6】表面にしっかりと色がつくまで焼いたら完成です!

alt
焼きたての柔らかい状態も美味しいですが、冷蔵庫で一晩冷やすとチーズの濃厚さがグッと増します。冷やす場合は、粗熱が取れたら型から外し、ラップに包んで冷蔵庫に入れてください。

ほろ苦い大人味のチーズケーキは、男性ウケも良いはず。
コーヒーにはもちろん、赤ワインにも合いますよ。ぜひ、作ってみて下さいね。


【ご紹介したアイテム】
バターをぬったりクッキングシートを敷かなくてもOKの、オーブン料理に心強い味方です。

セラベイク 焦げ付かないオーブン皿「パウンドケーキM」CeraBake


コラムトップ
期間限定送料無料