気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

tower「タブレットスタンド」でわが家の充電ステーションをつくろう。

tower「タブレットスタンド」でわが家の充電ステーションをつくろう。

子供がタブレットを持つようになり、いずれはスマホも・・・。
大人の私たちでさえ一人1台とは限らず、スマホとタブレットを持つ時代。
家の中で、家族のスマホやタブレットがあちこちに散乱していませんか?
スマホやタブレットの散らかり防止対策には、家の中に充電ステーションをつくるがおすすめ。
充電ステーションを設置して、スマホやタブレットの定位置を決めましょう。
今回はtowerの「タブレットスタンド」をご紹介します。


美しくモダンな充電ステーション。


家中のスマホやタブレットを1ヵ所に集結させるために、活用したいのが充電ステーション。
家族が各々に、いろんな場所のコンセントを利用してしまうため、
「リビングの床がコードだらけ!」
という事態に発展しがちですよね。
これではリビングが散らかったイメージになり、足を引っ掛けてしまいそうで危険。
過ごしづらくなってしまいます。
おうち時間が増えている昨今だからこそ、住環境は快適に整えていきたいもの。

alt

こちらはtowerのタブレットスタンド。
6台のスマホやタブレットをまとめて1ヶ所に収納できるという優れもの。
丈夫なアルミ素材で、洗練されたモダンなデザインが、ごちゃごちゃしがちなスペースを美しく変えてくれます。

alt

わが家のインテリアのイメージに合わせ、ホワイトを選びました。
ホワイトはアルミの部分のシルバーカラーと、シリコン部分のホワイトで、ツートンカラーの仕上がりに。
シリコン部分がクッション材の役割をしていて、大切なタブレットやスマホをやさしくキャッチ。
滑り止めのようになっているので、端末機械を置くとピタッ!とフィットする感覚があります。

alt

裏面にも、滑り止めが付いています。
置く場所にピタッと張り付いてくれる安心感。

alt

重量感のあるアルミ製なので、タブレットを立てた状態でも、安定感バッチリ◎
「これなら高い所に置いても安心。」
と思い、わが家は、家族が一番よく使うキッチンカウンターのコンセント近くに設置することに。

alt

腰高にあるコンセント。
この高さのコンセントは使いやすくて、家族みんながここで充電する習慣が付いていました。
この場所でも安心して置けそう。
美しくモダンな充電ステーションの景色がうれしい。
家族の習慣や生活動線に合わせた場所に、充電ステーションをつくると、みんなが抵抗なく使い始めてくれますよ。


子供との「スマホを使うためのお約束」


親だけでなく、子供も扱うようになったスマホやタブレット。
皆さんはどのようなルールをつくっていますか?
わが家の子供たちはまだスマホを持ち歩く習慣はなく、家の中でゲーム機やテレビ画面の変わりに使っているのが現状。

◎タブレットやスマホを使うのは、リビングでだけ。
◎利用時間は家族が起きている時間内まで。

今のところ、家族内でのルールはこの2つ。
寝る前に使ったスマホを必ず充電することが、使った人の〝お約束″になっています。

alt

おやすみ前に、towerの「タブレットスタンド」にスマホをセット。
ここは就寝中、みんなの充電ステーションになるのです。
ON/OFFの切り替えをきっとりと。
定位置をつくることで、規則正しいルールも習慣化。

alt

タブレットとスマホ、全て同じ充電ケーブルでは済まない問題もありますよね。
わが家は、充電ステーションのカウンター下に引き出しを設置して、ケーブル収納スペースをつくっています。
この引き出しを開けると、充電ケーブルがたくさん。
端末によって付け替えができるように、また、ケーブルがたくさん出しっぱなしになるのを防ぐために、とても役立っています。

alt

必要なケーブルを出して付け替えて、使ったものを収めるという作業が簡単に。
収納する場所を充電ステーションの近くに設けるだけで、家族の協力を得ることができるのです。
子供たちも簡単にお片付けできるようになりますよ。

使う時のルールはもちろん、管理もきちんとできるように。
ルールを守って使いすぎをセーブしながら、自分で管理することも教えたいと思うのです。



ビジネスツールをひとまとめに。


ビジネスの場においては、一人でいくつもの端末を利用するという方も多いのでは?
充電ケーブル1つで全ての端末を共有できるなら、よりすっきりした充電ステーションが実現します。

alt

順番に充電ケーブルを差し込めるよう、挿入口を同じ方向にして並べると◎
ケーブルも、towerの「タブレットスタンド」に合わせて同じカラーのホワイトに統一することで、空間がよりすっきりとします。

alt

実はtowerの「タブレットスタンド」は、後ろ3台分が1.3㎝、前3台分が1.1㎝と、端末の厚さで置く場所を使い分けられるようになっています。

alt

スマホカバーを付けた厚みのあるスマホは、後ろ側に。
そうすると端末同士が平行に、美しく整列するのです。
きちんと整理された空間は、仕事の効率をも上げてくれるはず。


いかがでしたか?
充電ステーションを設置して、スマホやタブレットの整理整頓にぜひ活用してみてくださいね。



【ご紹介したアイテム】
スマホやタブレットを 6台収納。
ひとまとめに収納し、充電ステーションを美しくつくるアイテム。
空間だけでなく、スマホの管理まで整えてくれる「タブレットスタンド」です。

tower タブレットスタンド(充電ステーション)/タワー


コラムトップ
期間限定送料無料