気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

いちごミルクのもとで作る、グラデーションの「苺レアチーズケーキ」

いちごミルクのもとで作る、グラデーションの「苺レアチーズケーキ」

混ぜて冷やすだけで作れる「レアチーズケーキ」。
お菓子作り初心者さんでも作りやすいレシピです。

フルーツソースを加える、生クリームを水切りヨーグルトに変える、など簡単にアレンジできるのことも魅力。
今回はそんなレアチーズケーキを、人気の「いちごミルクのもと」でアレンジ。

「ICHIBIKOいちごミルクのもと」は、苺ソースとしてお菓子作りにもピッタリな素材。

チーズ生地の中に混ぜるだけで充分に美味しい苺味のチーズケーキになりますが、今回は4層のグラデーションになるように仕上げてみました。
手間はかかりますが、時間をかければちょっと気分のあがるスイーツになりますよ。


グラデーションの苺レアチーズケーキの作り方


【材料】(15センチ型ひとつ分)
・ビスケット生地
ビスケット:70g
無塩バター:50g

・レアチーズ生地
クリームチーズ…200g
水切りヨーグルト…100g
生クリーム…100g
ゼラチンパウダー…10g
お湯(ゼラチン溶かす用)…大さじ3
砂糖:45g

・いちごソース
いちごミルクのもと…120g
ゼラチン…2g
お湯(ゼラチン溶かす用)…大さじ1

【下準備】
型は底抜けタイプのものか、セルクル型を使用します。
クリームチーズは室温に戻し、柔らかくしておきます。
生クリームは冷蔵庫で冷やしておきます。

いちごミルクのもとで作る、グラデーションの「苺レアチーズケーキ」

【1】ビスケットを保存袋などにいれ、麺棒で細かく砕きます。
バターを電子レンジで30秒ほど加熱して溶かし、砕いたビスケットと混ぜ合わせます。

【2】ビスケット生地をケーキ型の底に均等にいれ、コップの底などで押し固めて、冷蔵庫で保存しておきます。

【3】ゼラチンパウダーを大さじ3のお湯でしっかりと溶かしておきます。

【4】室温に戻して柔らかくなったクリームチーズと砂糖混ぜ合わせます。
水切りヨーグルトを加えて混ぜ合わせ、溶かしたゼラチンも加えてよく混ぜ合わせます。

いちごミルクのもとで作る、グラデーションの「苺レアチーズケーキ」

【5】別のボウルに生クリームを入れて、7分立てぐらいい泡立てます。
チーズ生地に生クリームを加えてよく混ぜ合わせます。

【6】ゼラチン2gを大さじ1のお湯で溶かし、いちごミルクのもととよく混ぜ合わせます。

【7】チーズケーキ生地4等分します。
いちごミルクのもとは3等分にしますが、おおよそ3:2:1の割合になるようにします。(目安として70g:45g、20g、程度)
チーズケーキ生地に分けた苺ソースを入れ、混ぜ合わせます。
一層目はそのまま型にいれ、表面を整えたら冷蔵庫で冷やし固めます。
二層目からは順番に薄い方の生地から重ねていき、冷蔵庫で冷やし固めていきます。

※待っている間に残りの生地が固まりそうなら、湯煎して柔らかくします。
また冷凍庫で冷やし固めればぐっと時短に。(15分程度でOK)

【8】最後の生地を流し入れたら冷蔵庫でしっかりと冷やし固めます。(一晩程度)

いちごミルクのもとで作る、グラデーションの「苺レアチーズケーキ」

型から取り出す時は、温めたタオルや手ぬぐいを型に巻きつけます。
今回は底抜けのケーキ型を使いましたが、セルクル型だとより作りやすいと思います。

いちごミルクのもとで作る、グラデーションの「苺レアチーズケーキ」

このケーキはカットが一番ドキドキする瞬間!
2層目は少し薄めでしたが、しっかりと4層になってくれました。

いちごミルクのもとで作る、グラデーションの「苺レアチーズケーキ」

水切りヨーグルトが入っているので、口当たりもさっぱり。苺との相性もバッチリです。
カットしたケーキの上に「いちごミルクのもと」を添えるのもおすすめ。

ゆっくり時間があるおうち時間に。
特別な時間をこんなスイーツで彩ってみてはいかがでしょうか。


【ご紹介したアイテム】
牛乳とまぜるだけで、いちごスイーツ専門店「ICHIBOKO」で人気の「いちびこミルク」が作れます。角切りいちごがぎっしり、いちごの味と食感も楽しめるひと瓶です。

いちごミルクのもと 325g/いちごスイーツ専門店 ICHIBIKO


コラムトップ
期間限定送料無料