気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

これがゲルクッション?!インテリアに馴染むオシャレな見た目で腰痛軽減!実際にスタッフが使ってみました。

これがゲルクッション?!インテリアに馴染むオシャレな見た目で腰痛軽減!実際にスタッフが使ってみました。

日本人に多いと言われている腰痛。
最近では高齢者だけでなく、若い世代でも腰痛に悩む人が多いようです。

腰痛は、日頃の生活から予防が大切。
そんな腰痛の悩みを軽減してくれる!と今注目されているのが、「無重力クッション」とも呼ばれるゲルクッション。

bon moment(ボンモマン)のふわっとした座り心地 ゲルクッション」は、腰やおしりの負担を軽減してくれるだけでなく、インテリアに馴染むカバーデザインにもこだわって作られました。

今回はそんなbon momentのゲルクッションを、スタッフ3名が色んな場所で使ってみました。使い心地と共にご紹介します。


お部屋になじむ無重力クッション


alt

「ゲルクッション」とは、内側にハニカム構造のゲルを使用したクッションのこと。
体圧分散性や衝撃吸収性に優れ、おしりへの負担を軽減してくれます。

通気性も良く蒸れにくいので、在宅ワークなど1日中座っていても快適。

alt

そして、bon momentが目指したのは、インテリアにこだわったお部屋やオフィスにも馴染んでくれる、生活感を抑えたシンプルなデザイン。

カバーは、ファブリックソファのような少し肉厚でしっかりとした高級感のある生地。
まさかこれがゲルクッションだとは気づかれないような、上品な印象です。
ファスナーは、横から見ても気になりにくいコンシールファスナーを採用するなど、細部までとことん見た目にこだわって作られています。

形は、「ラウンド」と「スクエア」の2タイプ。椅子のかたちや使用シーンに合わせて、お好みの形をお選びいただけます。


スタッフ本島「在宅ワークと息子の絵本時間に愛用しています」


我が家のダイニングチェアは、ベンチスタイル。
お気に入りのダイニングベンチですが、在宅ワークなど1日中座っているとお尻も腰も痛くなってしまいます。
そこでbon momentのゲルクッションを敷いて1日在宅ワークをしてみることに。

alt

もともと普通のチェアパッドを敷いてはいたものの、やはり長時間の作業向きではありませんでした。

選んだのは「ラウンド型」の「ベージュ×アイボリー」。
横長のベンチに丸いラウンドの形がポイントとなって、可愛いです。

早速ゲルクッションの上に座ってみると、ベンチの固さを感じることなく、優しい座り心地。内側のゲルクッションが、体への負担を軽減してくれているのを実感します。

alt

ただ、このクッションは厚みが約4cmと、結構厚め。
座高が高くなり、体感ではパソコンを置いているテーブルがちょっと低くなったように感じました。その結果、目線が下がり今度は首に疲れが。

alt

そこで今度は、パソコンの高さを調節出来る「ユートリム 快適ノートPCスタンド」を併用してみました。
するとちゃんと目線も上がり、快適な在宅ワーク時間に。

ゲルクッションとPCスタンドの併用で、長時間の作業でも疲れにくくなりました。
長時間ワークには、座り心地ももちろん、パソコンとの目線調節も大切なようです。

alt

もうひとつ使ってみたかったのが、もうすぐ2歳になる息子の絵本時間。
まだ息子専用の椅子がないので、床に直に座って絵本を読む息子。ラグを敷いている所以外でも読むので、お尻痛くないかな?と心配になることも。

ゲルクッションは椅子でも使用以外にも、床に敷いて座布団代わりにしても◎。
これなら息子が集中して絵本や図鑑を読んでいても、安心です。
「この上に座って読んでね」と声掛けすると、素直にちょこんと座ってじっくりと絵本を読んでくれました。

私が息子に絵本を読んであげるときも、この上に座って読んであげると、床の固さを感じることなく快適な座り心地です。
エンドレスに続く、同じ絵本の「もう一回!」攻撃にも、このクッションがあれば耐えられそうです!

alt


バイヤー田中「ドライブのお供に手放せない存在に」


自粛生活からも解放され、
外に出かける機会が増えてきたこの春夏は、
キャンプに川にとアウトドアを満喫しました。

ただ、車での長時間移動のたびに、
腰に違和感を感じて「あれ、ヤバイかも…。」と不安になることもしばしば。

そこで、車の移動専用に
「ゲルクッション スクエア」をお迎えしました。

alt

座ってみると、ふわっとして、自分の重さを感じない不思議な感覚。
なんとなく姿勢も良くなったように感じます。

夏休みの2泊3日の車での移動中も
腰が痛くなることもなく、毎日快適に過ごせました。

alt
▲開けてみるとこんな感じで両面がハニカム構造になっています。汚れたらカバーを外して洗濯もできます。

alt
▲通気性がよく、お尻も蒸れにくかったです。

ゲルクッションの高さで、座高もあがるので、視界も良好!
助手席から運転席にと、クッションと共に移動しています。

ドライブのお供に手放せない存在となりました。


編集長大西「娘のリビング学習も快適に」


娘のベビーチェアとして8年ちょっと前にお迎えした「ストッケ トリップトラップ 」。
「子どもと成長する椅子」という名の通り、座面の位置を変えながら今でも現役で愛用中の大切な椅子です。

これがゲルクッション?!インテリアに馴染むオシャレな見た目で腰痛軽減!実際にスタッフが使ってみました。

「大きくなったから、板の場所を変えようね」
と、座面と足置き板を一年に一度調整するのは親子の楽しみの時間。
リビングで娘の食事、お絵かき、工作、リビング学習と長い時間を過ごしてきましたが、最近は大人の椅子を使うことも増えてきました。
たまに夫や私がストッケに座るのですが、やはり座面の小ささに少し疲れてしまい。

娘が9歳直前の今、大人も使える最終型の形(足置き用の大きな板を座面に)することにしました。

この座面にあうサイズで、機能も満足できるクッションを探していたのですが、「これだ!」と思ったのが「ボンモマンゲルクッション」

これがゲルクッション?!インテリアに馴染むオシャレな見た目で腰痛軽減!実際にスタッフが使ってみました。

スクエアサイズは座面をしっかり覆えるサイズ。
驚いたのは底付き感が全くないこと。大人が座ってもお尻と腰が疲れることがなくなりました。
大人の椅子に座りたがっていた娘ですが、またこちらの椅子が定位置に。座り心地がいいのか、勉強もリビング学習がメインになっています。

これがゲルクッション?!インテリアに馴染むオシャレな見た目で腰痛軽減!実際にスタッフが使ってみました。
▲今まで硬い椅子には興味がなかった愛猫もこの上で丸くなることが。

これがゲルクッション?!インテリアに馴染むオシャレな見た目で腰痛軽減!実際にスタッフが使ってみました。

試しに大人用椅子の座面にもおいてみましたが、こちらもジャストフィット!
ペーパーコードの汚れ防止に何か敷きたかったので、こちら用にも買い足しを検討中です。


品切れカラー・形が、一挙再入荷!


在宅ワーク以外にも、マルチなシーンで活躍してくれそうなゲルクッション。
この度待望の再入荷となり、今なら全カラー・形をお選びいただけます!

「在宅ワークが増えてから、腰痛に悩んでいる…」
「固い座り心地の椅子をなんとかしたい…」
そんなお悩みをお持ちの方は、是非早めにチェックしてみてくださいね♪


【ご紹介したアイテム】
ハニカム構造で体圧分散性や衝撃吸収性に優れ、おしりへの負担を軽減してくれるゲルクッション。インテリアに馴染むシンプルデザインのカバー付きで、リビングやダイニングにも◎

bon moment ふわっとした座り心地 ゲルクッション リバーシブル/ボンモマン


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

こちらのコラムも一緒に読まれています

こちらの商品も一緒に見られています

期間限定送料無料