日々のコラム

Category
特集
  • レンジで簡単レシピ
  • カラー別常備菜(レシピ)
  • お片付け
  • ベランダごはんしよう
  • いいもの
  • WECKで作るレシピ
  • 作り置き万能タレ特集
タグ
Editor
イメージ

スタッフ/宮城

土いじりも、キッチンに立つのも、家具のペンキを塗り直すのだって。決して器用ではないけれど、小さな冒険が楽しい今日この頃です。

イメージ

スタッフ/大西

4歳女の子ママ。フードコーディネーター。
今日も美味しく、楽しく、笑顔で過ごせますように。

SNS
FACEBOOK
INSTAGRAM
  • angers_web

    アンジェ公式Instagram新商品や話題のアイテムスタッフのおすすめなどアンジェの今をお届けしています。

  • angers_web

    エブリデイキッチン
    by.angers
    「毎日の料理を楽しくするキッチングッズ」をレシピと共にご紹介。

  • angers_web

    アンジェファッション公式アカウント。新商品やトレンドアイテム、コーディネートなどバイヤー目線でご紹介

2017年02月15日

【古谷浩一さん】 使い手への想いがしみじみ温かい 古谷浩一さんの手仕事のうつわ

風船を思い思いに形作ってみんなを喜ばせてくれるサンタさんと、クリスマスソングとともに聴こえる子どもたちの元気な歌声と。
クリスマス前のとある晴れた朝に、そんなどこかほっこりとしたローカル線・信楽高原鉄道のサンタ列車に揺られてたどり着いたのは、滋賀県の信楽町。

ある人たちに会いたくて、ついつい私たちも前のめり。東京から始発の新幹線に飛び乗って、陶芸の町として知られるこの町まで来てしまいました。






■ 古谷製陶所さんにお邪魔しました 


お会いしたかったのは、古谷製陶所の古谷浩一(ふるたにひろかず)さん。

お祖父さまから始めた土の仕事をお父さまがこの土地で確立し、それを今、浩一さんとお姉さまの香織さんが一緒に継いで運営されています。





10名ほどが働くというその作業場では、うつわの口を滑らかにする昔ながらの鹿革の代わりに車を噴き上げるスポンジを使ったり、生地を型から外すためにまぶす片栗粉の代わりにエアーダスターを使ったり。敷地内には、うつわを運ぶために改造したという車だって走っています。



<左上から時計回りに>
・型にはよくある緩衝材を利用。程よい固さがちょうどいいのだとか。
・近所の鉄工所にお願いして車もカスタマイズ!
・生地を型から外すために通常用いられる片栗粉は化粧土が剥がれる原因に。みんなでアイデアを出しあって丁度よかったのはエアダスター。
・削った土や固くなった土は水に浸して再生。使えなくなったお風呂だってこんな時に大活躍します。



先代から受け継いだものを大切にしながらも、若い人たちの自由な発想が生きるその環境はちょっぴり羨ましいくらい。眩しいほどにのびのびとした、古谷浩一さんの古谷製陶所です。



■ 古谷浩一さんのうつわのこと 


古谷浩一さんの代表的なうつわとして知られる、その白いうつわ。先代から受け継いだ技法を用いて作られるそのうつわは、白い化粧土の下からのぞく土味がなんだか優しげで温かな表情を持ちます。

そのうつわの優しい土味の秘密は、先代からのものを取り入れながら独自で配合してきたそのこだわりの土や化粧土。自然の恵みである原料だから、いつもと同じようにやっていてもある時突然土が切れたり、化粧土が剥がれたりと、調子が狂ってしまうこともあるんだそう。原料たちの声に耳を傾けながら対話を繰り返し、そしてようやく生まれる温かな土の味わいです。



白い「鉄散」のうつわには、黄土を塗るひと手間が。お父さまの代からあるこの黄土には鉄が多く含まれ、うつわの表面に出る黒いプツプツとした優しい味わいに。




「この流れや垂れが良い景色になるんですよ。」
化粧土がかかってツヤツヤとしたうつわを眺めながらそうおっしゃる浩一さん。化粧土がけは誰にも譲れない、浩一さんのお仕事です。



何年も調整を重ねてようやく安定してきたという、こっくり温かなこげ茶の色味を帯びたこの錆釉色のうつわは、窯の入れる位置によってはまだ不安定になることも。不安定だからこそ出せるというこの雰囲気もまた、儚く美しいうつわです。





古谷さん
「私たちのうつわは父の代から20年30年とお使いいただいているお客さまがたくさんいらっしゃいます。『母娘親子でファンです』『家の食器棚を見に来てください。古谷さんの器でいっぱいなんです』などと皆さんおっしゃってくださるんです。

細かいこだわりなどはいろいろあるけれど、やはり私たちは日常で使いやすいうつわやずっと飽きのこないうつわ作りを心がけていきたい。お客さまに少しでも長く愛し続けていただけるうつわを作り続けていければと思っています。」



古谷さんの代名詞でもあるその白いうつわの特徴は、家庭でのお手入れが簡単になるように、焼成後に再度釉薬を刷毛で手塗りしてもう一度焼成するところ。そうすることで強度を増したうつわは、より日常使いしやすいひとさらになります。

化粧土の下からのぞく土の温もりと、作り手の使い手への想いと。
うつわから感じるそんなものがしみじみと温かい、古谷さんの手仕事のうつわです。






■  おまけ




調子が悪くなったスピーカーの代わりに、紙で作った可愛らしいラジカセにタブレットを入れて。遊び心があちこちに落ちている、楽しい古谷製陶所さんの作業場です。




= 文・写真 宮城 =





【アンジェの陶器市はこちらから。お散歩気分でどうぞいらっしゃいませ。】


コラムトップ

新着コラム

期間限定送料無料