気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

カラフル書類収納Esselte<エセルテ>。スウェーデン生まれの文房具で夏休みの宿題を「見える化」しよう。

カラフル書類収納Esselte<エセルテ>。スウェーデン生まれの文房具で夏休みの宿題を「見える化」しよう。

子供たちが楽しみにしていた夏休みがスタート。
「宿題は早いとこ終わらせて、普段はできないことをやらせてやりたい!」
と思うのが親心。
予定を立てて、計画通りに進むよう掻き立てて…
「子供の宿題は親の宿題?」
毎年そんなふうに億劫に感じていましたが、
「今年は子供たちに自分で管理できるようになってほしい。」
という思いから、今年の夏休みは子供たちの学習コーナーに、こんなアイテムを取り入れてみました。
スウェーデン生まれの文房具、Esselte<エセルテ>
5段のA4ファイルが連なった、色付きのステーショナリーアイテムです。
夏休みは子供の“自分でできる”を増やすチャンス!
きちんと自分の宿題を自分で把握し、自分で管理できるようになれば、この先の大きな力に
なるはず。

わが家の子供たちと夏休みの宿題管理に挑戦!



宿題を壁面収納で分かりやすく


Esselte<エセルテ>は壁に引っ掛けて収納するステーショナリー用品。
壁面にプリントを収納することによって、やるべきことと、その全体量を一面で把握できるメリットがあります。
まるで、ホワイトボードに付箋で“やることリスト“を貼り付けていくような感覚。
宿題をランドセルやファイルに入れると、どうしても埋もれて忘れてしまいがちなプリント類を、壁一面を使って一目で把握できる収納すれば、子供も自分のやるべき課題の量を、把握しやすくなるのでは?
そんなふうに考えました。
“できる人”のオフィスのように。

alt

わが家はEsselte<エセルテ>を学習デスクの目の前に設置。
ルール01.学習スペースの近くであること
ルール02.子供の目に付きやすい場所
ルール03.子供の手が届く場所

取り付け方は簡単です。
画鋲タイプのフックを壁に差し、そこにEsselte<エセルテ>のフックで引っ掛けます。

alt

長さ調節用に小さな金具も付いているので、場所に合わせて長さを調節可能。

alt

子供の身長に合わせて使い分けてください。


色で「やらなきゃ」を設定


目を付けたのは、Esselte<エセルテ>のカラーグラデーションである点。
色で分かりやすくカテゴリーを分類し、子供にも分かりやすく目に入ってきます。

alt

自分に近い方から順に、使用頻度の高い順から配置していきます。
例えば、毎日必ずやらなければいけない予定表やチェック表、ラジオ体操カードなどは、手に取りやすい下の段に収納するといったように、子供と一緒に考えながら、取り出しやすさに配慮した収納をつくっていきます。
読書感想文や絵日記など、夏休み中に時間をかけてゆっくりする宿題に関しては、一番上の段に収納。
自分にはこれだけの宿題が残っている、というのを把握しやすいように収めることが重要です。

alt

付属のラベルに子供自身がカテゴリーを記入していきます。
この手書きの作業が子供にとってワクワクするようで。
収納においても、ラベリングは必須。
宿題をファイルに入れたけど、ファイルの中に何が入っているのかわからず、一つ一つ確認してから出す…なんてことにならないように、ラベリングはとても重要な作業です。

alt

Esselte<エセルテ>のポケットファイルは一つ一つ持ち運ぶことも可能。
グラデーションカラーになっているので、重要度を区別して使うことも◎

alt

また、そのまままとめてコンパクトに畳むこともできるので、帰省先での宿題もおまかせ。
あれもこれも、とバッグに詰めて持ち運ぶ必要なく、Esselte<エセルテ>を畳んで持ち運べばOK。
これはうれしい!

エセルテは1つのファイルポケットにプリント100枚分が収納可能。
漢字・計算ドリルとノートを入れてもいいですね。


長期休みの度に、Esselte<エセルテ>をここに設置するのが習慣になりそうです。


夏休み中、机の上にはファイルスタンドを一緒に設置しています。
ここには、済ませた宿題をIN。
Esselte<エセルテ>宿題を管理し、済ませたものからここに収めていきます。

alt

これが宿題完成予想図!


勉強机は子供のワークスペース。
宿題計画を“見える化”して、提出忘れを防ぐだけではなく、自分の目標とそこにたどり着くまでの全体量も把握できるようになれば、その力はこれから先もずっと役に立つはず。
効率的に仕事を進めるというのは、どんな仕事においてもとても重要なこと。
小学校生活から自然と身についていけばいいなぁ、と思っています。
夏休みの間はいろいろ目について、子供に口うるさく言ってしまいがち。
つい手を貸してしまいたくなりますが、自主的に自分の身の回りのことを考えることができるように、サポートする形で寄り添うことができたら。
それはきっと働いているママも、家で子供たちと過ごすママも、同じ気持ちですよね。



【ご紹介したアイテム】

スウェーデン生まれの文房具Esselte<エセルテ>。
オフィス用品を暮らしに上手に取り入れて、子供の宿題を「見える化」。

エセルテ ソーテッド A4 6段 ファイル/Esselte


コラムトップ
期間限定送料無料