気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

布団をリビングにおけばクローゼットがスッキリ!インテリアになる布団収納ケース。

布団をリビングにおけばクローゼットがスッキリ!インテリアになる布団収納ケース。

この春、引っ越しをしました。
家の中がまだ片付いておらず、段ボールに入ったままの荷物もチラホラ。。。
賃貸2LDKの収納スペースが少ない我が家では、いかに効率よく収納できるかが重要。

特にかさばる布団収納が悩みの種。
布団圧縮袋に入れてクローゼットにしまおうかと思っていたところ、「bon momentのクッションになる布団カバー」が登場。
まさに布団収納で悩んでいた私に、ぴったりなアイテムでした。

収納してしまえば見えない!ということで、はじめは100均やホームセンターなどでも売っている安い布団収納ケースを検討していました。
やはり見た目やカラーに納得できず。
今回、bon moment(ボンモマン)を選んだ一番の理由は、ファブリックに高級感があるということ。

リビングに置いた時に、家具やラグの雰囲気を壊したくない。
その見た目にグッときました。
まさかこの中に布団が入っているとは思えないルックス。
もちろん、見た目だけでなく、たっぷり収納も出来ます。


いざ、布団を収納!

布団をリビングにおけばクローゼットがスッキリ!インテリアになる布団収納ケース。
私が収納したものは、掛布団×1枚、毛布×1枚。
ちょうどぴったり収納できました。

布団をリビングにおけばクローゼットがスッキリ!インテリアになる布団収納ケース。
まずは、毛布を折りたたみ、その上に掛布団を三つ折りにして収納します。
掛布団はふんわりしているので、抑え込みながら、ファスナーをするとスムーズでした。

座り心地は、ふっわふわ!


布団をリビングにおけばクローゼットがスッキリ!インテリアになる布団収納ケース。
掛布団が重なって入っているので、ちょうど良い座り心地。
ラグの上に敷いて座れば、長時間座っていてもお尻が痛くなりません。

ソファの下に置いて、足を置くオットマンとしても活躍。
ちょっと足がだるいな〜という時にはピッタリです。

オンシーズンには干してから


布団をリビングにおけばクローゼットがスッキリ!インテリアになる布団収納ケース。
はじめ、布団がペタンコになるのでは?
せっかくのふわふわが台無しに、、、
布団の上に座るなんて。。。と抵抗がありました。

でも、よく考えてみると圧縮袋に入れて収納したとしても、ペタンコになるのでは?

どちらにせよ、オンシーズン使う前に布団は干すので、その時にふんわり感が戻るので、気になっていたペタンコ問題もクリア!

中身を変えれば年中使える。


布団をリビングにおけばクローゼットがスッキリ!インテリアになる布団収納ケース。
春夏 → 掛布団・毛布・ブランケット
秋冬 → 冷感敷パッド・ガーゼケット

季節ごとに使えるのはもちろん、来客用の布団やこたつ布団も収納OK。
おかげでクローゼットも大きくスペースを空けることが出来たので大満足。
このクッションケースで布団収納を見直してみませんか?


【ご紹介したアイテム】
収納にかさばる布団をリビングに出しっぱなしにできる、アンジェオリジナル掛け布団ケース。掛け布団ケースが、そのままくつろげるリビングクッションに変身します。

bon moment リビングクッションになる 掛け布団収納ケース/ボンモマン


コラムトップ
期間限定送料無料