気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

ベッドシーツはこれで解決!人気の敷きパッドで夏のベッドルームをおしゃれに快適に。

ベッドシーツはこれで解決!人気の敷きパッドで夏のベッドルームをおしゃれに快適に。

家族とのんびり過ごすベッドルーム。
本を読みながらリラックスしたり、寝る前のシアタールームにしたり…
第二のリビングとして上手に使っているファミリーをよく目にしませんか?
その暮らしぶりはとても心地よさそうで魅力的。
わが家もその暮らしぶりに憧れて、一年前にベッドルームの見直しをしたのでした。
まず、埃を溜めこむ装飾小物は取り除き、寝ることだけに集中できるよう、シンプルさを追求。
昼間は活動的に過ごすから、夜は家族が穏やかに疲れを癒すことができるように、心地の良い色味のものだけを厳選して置くように。
あとは、快適な状態を維持できるよう、季節によって寝具も見直しました。
自分が家事で無理をすることなく、家族が快適に過ごすことができる寝具。
今回は、わが家のベッドルームを快適な空間に導いてくれたベッドシーツをご紹介します。



インテリアを格上げしてくれるベッドシーツ


おしゃれなベッドルームを目にすると、
「どうしてこんなに生活感がないのだろう?」
といつも疑問に思っていました。

モデルルームのようなそのベッドルームは、すっきりとしていて、季節感がある心地よさそうな空間。
けれども肩の力を抜いた、程よく溢れる生活感。
その答えはベッドシーツの選び方にありました。

alt

マットレスタイプのベッドには「ボックスシーツ型敷パッド」タイプがベスト。
これまでマットレスにもゴム付き敷パットを使用していたわが家は、ベッドの側面からいつもゴムが丸見えで…インテリアとしても残念でした。
最初はぴったりだったサイズ感も、何度も洗濯するうちに生地が縮み、マットレスか剥き出しになってくることも。
これが、マットレスの側面もすっぽり覆ってくれる「ボックスシーツ型敷パット」にすれば、生地のヨレも気にならなくなったのです。

alt

ベッドに合ったベッドシーツを選べば、側面から見てもこんなにすっきり。
子供たちが派手に動くことも多いわが家の寝室ですが、乱れることがなくなり、私の片付けストレスも軽減。
「せっかくベッドメイキングしたのに〜!(涙)」
と、子供たちと揉めることもなくなり大満足。
寝室横にあるバルコニーから洗濯物を取り込んでいると、いつもジャンプしにやってくる小さな怪獣たちを怒ることもなくなったのでした。



家事の負担も減らす。カンタン着脱!


子供たちの二段ベッドには「敷きパッド」タイプを。
二段ベッド用のマットレスは、大人用のシングルベッドよりもひと回り小さく、それ専用のベッドカバーは売られていないのですよね。
そこで、「敷きパッド」タイプを小さなマットレスにかぶさるよう、折り込んで使っています。

alt

わが家では、来客用の敷き布団にもこのタイプを愛用。
薄型マットレスや、敷き布団タイプさんには、この「敷きパッド」がおすすめです。
ワンタッチで着脱できるので、「ボックスシーツ型敷きパッド」よりもさらに簡単!
急な来客にも、お布団の準備が大掛かりにならず簡単にセットできるので、お互い気を遣うことなくおもてなしができますよ。
お洗濯する際も、ワンタッチで取り外せるからラクチン。
家事が時短になった効果を実感しています。

alt

子供たちがファミリーベッドルームから巣立ち、自分の部屋を持つようになっても、これなら洗濯頻度を落とさずがんばれそう。
むしろ、「子供が自分でベッドメイキングできるのでは?」と思っているほど。
ベッドシーツをお洗濯した日は、子供たちにもベッドメイキングのお手伝いをしてもらっています。



お肌にもお財布にもやさしい。


家族全員分揃えた決め手は、素材にもこだわったコットン100%のベッドシーツだから。
化学繊維が苦手なわが家の子供たちは、パジャマも寝具も肌に触れるものは素材重視。
コットン100%のベッドシーツは、お肌に優しいだけでなく、自宅でいつも通りのお洗濯で清潔さを保てるところもありがたいですよね。

alt

熱を溜めない強撚糸を使っているから、触るとひんやり冷たくて気持ちがいい。
秋〜冬はマイクロファイバーのモフモフ素材を愛用しているわが家は、春になって温かくなると、接触冷感のこちらの素材に布団カバーを模様替えします。
掛布団で調整しながら、一年を二種類のベッドシーツで乗り切っています。

接触冷感素材は、寝返りを打つと敷きパッドから放熱され、再び肌に触れるとまたひんやり感触が戻るという最上級クラスのもの。
汗っかきの子供たちにもぴったり。

alt

さらにうれしいポイントが、パッドには抗菌防臭綿を使用しているという点。
以前は、マットレスに「ベッドパッド」+「ボックスシーツ」をセットしていたわが家。
「ボックスシーツ型敷きパッド」に変えて、ベッドパッドをもう一枚敷くべきか悩んでいたのですが、接触冷感の敷きパッドは、これ一つの方がむしろ熱がこもりにくいというメリットがあるそう。
そして、お洗濯が思うように進まない梅雨時期も、抗菌防臭綿なら安心です。
小さな子供のおねしょ対策には、防水シーツをプラスするというのもオススメですよ。


いかがでしたか?
これ一つで、快適さ・家事の軽減・家計のコストカットが解決。
ベッドシーツで寝室インテリアも家事も、おいしいトコどりしませんか?



【ご紹介したアイテム】
夏の夜の暑さをひんやりクールダウンしてくれる、ドライコットン100% 敷きパッド ボックスシーツ型タイプです。触れると冷たく感じる機能性も叶え、快適な眠りを届けてくれます。

ドライコットン100% ボックスシーツ型敷きパッド シングル mofua cool

ドライコットン100% ボックスシーツ型敷きパッド ダブル mofua cool


【ご紹介したアイテム】
夏の夜の暑さをひんやりクールダウンしてくれる、ドライコットン100% 敷きパッド。綿100%、触れると冷たく感じる機能性も叶え、快適な眠りを届けてくれます。

ドライコットン100% 敷きパッド シングル mofua cool



防水シーツタイプなど、全ラインナップはこちら


コラムトップ
期間限定送料無料