気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

平日の記念日も、残業の日も。陶器製のダッチオーブン「グリラー」ひとつで乗り切れる!

平日の記念日も、残業の日も。陶器製のダッチオーブン「グリラー」ひとつで乗り切れる!

忙しい平日の夕方。晩ご飯の支度はなるべく時間をかけたくない、いえ、かけられない!という方が多いのでは。
そんな時こそ、陶器のダッチオーブンをイメージして作られた「グリラーが」使えます。
グリル料理ってちょっと手間がかかりそう…と敬遠していましたが、いざ使ってみるとすこぶる時短が叶う調理器具なのです。


時間がない時にこそ活躍!テーブルサーブができる万能調理器


帰宅後のバタバタ、時間がなくてもう無理!と諦めたくなった時、グリラーに助けられたケースをご紹介します。

平日の記念日


子どもの誕生日、夫婦の記念日、家族のアニバーサリーが週末に来る確率、いかほどでしょうか?
たいてい記念日は平日にやってきますよね。盛大なお祝いは(するとしたら)週末にまわすとして、やはり記念日当日に何もしないのもなぁ…。とはいえ、仕事が早く終わるわけでもなく、時間はいつもどおりなのに夕食は豪華になんて、とても無理。妻として母として、憂鬱になってしまうことありませんか?

そんな時こそ、グリラーの出番です。

買い置きしておいた魚の切り身とアサリで、簡単アクアパッツァができました。以前はフライパンで作っていましたが、グリラーだと調理工程がグッと楽に。


alt
まずはオリーブオイルとニンニク、白身魚の切り身を入れて蓋をせずに魚焼きグリルで皮に焼き目をつけます。そこへ、アサリ、オリーブ、ケッパー、ミニトマト、白ワインを投入。あとは蓋をして魚焼きグリルに8分程度おまかせ。

alt
魚焼きグリルで火を入れている間に盛り付けた、出来合いのお惣菜と一緒にテーブルに出せば、いつもよりちょっと豪華な夕食に。


残業した日には


仕事を終えて、子どもを保育園に迎えに行って、さあ晩ご飯の支度!我が家は息子達がおやつを食べている15分間が勝負です。
特に残業した日には、寝かしつけまでの時間を逆算すると15分さえ惜しい、疲れて料理もやる気でない…。
でもね、グリラーを使えば、肉も野菜も一気に調理できるんです!しかも、お鍋とお皿がグリラー1つで賄えるので洗い物も少なくてすみます。枯れ果てそうだった気力も湧いてくるというもの。

野菜を切って、グリラーのフタをしてレンジで1分。そこに、週末に梅酢と酒・醤油少々に漬けておいた鶏肉の手羽中を冷蔵庫からだして、グリラーに並べます。野菜にオリーブオイルと塩をふって、あとは魚焼きグリルで7分程焼くだけ。

alt

グリラーのままテーブルに出せば、手間を抜いた感をまるで感じさせません。出来たての湯気とグリラーの相乗効果、かなり優秀です。

さらに、グリラーの遠赤外線効果か、カボチャもホクホクで甘い。翌朝、冷たいままのカボチャを食べた夫も、美味しい!と言っていました。

グリラーが我が家に来る前は、魚焼きグリルで鶏肉を直焼きして、野菜は別鍋で茹でていたことを考えると…グリル洗い不要!鍋もいらない!
調理も片付けもかなり楽で、何より美味しいのです。

alt

さらに、
料理が残ってしまったら、蓋をしてそのまま冷蔵庫に入れられるのも重宝しています。


忙しい時は余裕もなく、惣菜やお弁当すら買えないことがあります。パパッと家で作れば済むのだけれど、パパッとが大きな壁…。そんな時に、グリラーがあるから大丈夫、と思えるのが救いになりました。


お菓子も作れる万能選手


平日の時短料理に欠かせないグリラーですが、それだけではありません。なんとお菓子も作れる万能選手で、休日にも大活躍します。

alt
オーブンで作る堅焼きプリン、冷蔵庫で冷やすティラミス…温冷問わずお菓子作りに使えるのですが、魚焼きグリルで使える、ということは、焼きマシュマロも出来ちゃいます。

alt
キャンプファイヤーでおなじみ、外はカリッと中はトロトロの焼きマシュマロ、もちろんそのままでも美味しいですが、オススメはクラッカーとチョコレートと重ねて、魚焼きグリルの弱火で約1分。
スモアサンドの完成です。熱いのでお子様には少し冷ましてからどうぞ。ちょっと寒い日にお庭で食べるのも美味しいです。
なんてことない材料も、グリルの火で炙るだけで楽しいおやつになりますね。

alt
今回は魚焼きグリルだけで使い倒しましたが、直火やオーブン、電子レンジでももちろんオーケー。
陶器製ですがとても軽く、見た目もかわいいので器としても活躍します。
フルーツやお菓子を入れて出すだけで、ちょっとしたおもてなしに。


お手入れもしやすいのがポイントで、スープやオイルが焦げつくこともありますが、メラミンスポンジなどでこすると割とキレイにおちます。

手間がかからないのに手間をかけたように見せてくれるグリラーは、アイデア次第で使い方がうんと広がります。
忙しい平日も、のんびり休日も、頼もしい存在です。



【ご紹介したアイテム】
オーブンや直火はもちろん、ガスコンロの魚焼きグリルにも入りやすいように、薄型につくったグリラー。熱々料理をそのままテーブルサーブして楽しめます。
グリラー GRILLER

グリラー GRILLE×ウッドボードセット【送料無料】


コラムトップ
期間限定送料無料