気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

家族で楽しむコロナ禍のおうち鍋。話題の「こなべ」など注目アイテム【7選】

家族で楽しむコロナ禍のおうち鍋。話題の「こなべ」など注目アイテム【7選】

肌寒い日が増え、鍋が恋しい季節になってきました。
今年はお店で食べるより、だんぜん自宅で食べる機会が多そう。
そこで今回は、話題性◎な「おうち鍋グッズ」をご紹介。

こんな時だからこそ、家族の時間を大切に。
とっておきのおうち鍋でハフハフ&ニコニコ、みんなでカラダも心も温まりましょう。


家族で鍋を囲むなら、こんな食卓に憧れる!


せっかくのおうち鍋、SNSで見かけるような素敵な食卓にしたいな。
でも、、「忙しいしなー。」「料理苦手だしなー。」
それならまずは、鍋そのものを見直してみては?

【1】とにかく映える。それでいて働きモノ


今までの土鍋のイメージを大きく変える、スタイリッシュな佇まい。
鍋を変えるだけで食卓がこんなにセンスアップするなんて。

alt

小さな子どもがいると卓上での鍋は危なっかしいものですが、KAKOMI 土鍋 2.5LはIHコンロ対応。ガスコンロと違って周りが熱くなりにくいので、子どもと囲むおうち鍋のハードルがグッと下がります。

alt

しかもIHだけでなく、直火、オーブン、レンジと、すべての熱源に対応。
さらに蒸し器までついており、“蒸す・炊く・煮る”がこれひとつ。
鍋の季節だけなんてもったいない。一年中、大活躍の予感です。

【ご紹介したアイテム】
いろいろな熱源で使える土鍋。こちらは3〜4人分に丁度いい、2.5Lサイズです。
KAKOMI IH土鍋 2.5L /KINTO キントー【送料無料】



【2】何気ない鍋料理が特別なメインディッシュに


“おしゃれ系ホットプレート”の代表格、BRUNO(ブルーノ)。付属している深鍋を使えば、冬のおうち鍋でも重宝します。

alt

まるで鋳物のようなルックスは、テーブルに置くだけでたちまち主役になれる存在感。いつもの鍋料理だって見違えます。

alt

深鍋のほか、平皿プレートとたこ焼きプレートもセットになっていて、普段使いからおもてなしまでマルチに活躍。
落ち着いたら、みんなを集めたホームパーティーでお披露目したい。

【ご紹介したアイテム】
出しっぱなしにしておきたいルックスの大人顔ホットプレート。お鍋にも使えます。
BRUNO crassy+ オーバルホットプレート/ブルーノ クラッシー プラス【送料無料】



鍋をするならこちらも必見!取り分けグッズ

【3】これからは「マイお玉」が常識に?


鍋を食べる時に当たり前だった「お玉の使い回し」。こんなところにも、新しい生活様式の風が。

alt

工房アイザワのアルミのお玉は、軽くて小さな卓上タイプ。穴あきと穴なしの2種類あり、具材とスープで使い分けられます。

「家族だから大丈夫」が通用しなくなってきた今日この頃。
お玉を家族の人数分用意して、それぞれが食べたいものを自分で取り分ける。そんなスタイルが当たり前になる日も、そう遠くはなさそうです。

【ご紹介したアイテム】
一人鍋やひとり1つのmyお玉として使いやすい工房アイザワの卓上お玉です。
工房アイザワ アルミニウム 卓上お玉 穴あき
工房アイザワ アルミニウム 卓上お玉



【4】現代の暮らしにフィットするとんすい


お鍋の取り分けに欠かせない「とんすい」。持ち手があって便利な器だけど、現代の食卓では少し野暮ったく見えることも。

alt

KAKOMIシリーズのとんすいは、潔いほどシンプル。
これなら洋風やエスニック鍋にも合いますし、小鉢としておかずを盛り付けたり、スープボウルとしても使えそう。
またレンジ対応なので、おかずを温め直すこともできます。

鍋料理の日以外にも、つい手に取りたくなる。そんな使い勝手の良さが魅力です。

【ご紹介したアイテム】
マットな質感で手触りが良く、和食だけでなく洋食やエスニック鍋など、ジャンルを問わずに使いやすいフラットなルックスです。
KAKOMI とんすい 140mm /KINTO キントー



【5】その日のメニューによって使い道いろいろ


鍋の取り皿に求めるものは、汁気がこぼれない程度の深さと、片手で持ちやすい大きさ。それをクリアしてるなら、たとえばこんな器でもいいのでは?

alt

直線的でスッキリとしたデザインに、粉引きの優しい白。
ambaiの親子碗 Mサイズは、飯碗、どんぶり、サラダ皿など、用途を選ばず使うことができ、もちろん鍋の取り分けにも◎。

何を盛り付けても、どんな風に盛り付けても、おいしそうに見せてくれる。毎日の食卓に頼もしい器です。

【ご紹介したアイテム】
「親子碗」は、家族でつかえる陶器の器。Mサイズならお鍋のとんすいとしても◎。
アンバイ 親子碗 M/ambai



鍋の最新トレンドは、家族それぞれで食べる「こなべ」


コロナのことを考えると、家族で大きな鍋をつつくより、小さな鍋で個々に食べる方が安心・安全。そんな新しい鍋の食べ方として、「こなべ(小鍋)」を取り入れる人が増えているんだとか。

【6】こなべの大本命、野田琺瑯


今やキッチンの大定番である野田琺瑯から届いたココナベ(個々鍋)
ひとり鍋がウンと手軽にできると評判です。

alt

<さすが野田琺瑯!4つの便利ポイント>
1.ガス火、IH、オーブンOK
2.料理、食器、保存、下ごしらえがこれひとつ
3.取っ手がなく、保存・収納が省スペース
4.土鍋より汚れが落ちやすい。食洗機にも対応

alt

「辛いのが好き」「ヘルシーに食べたい」そんな家族バラバラの希望も、ひとり鍋ならそれぞれの好みに合わせて調整が自在。もうママが頭を悩ませる必要はありません。

朝に下ごしらえして冷蔵庫に入れておけば、夜は火にかけるだけ。
帰りの遅い旦那様や受験生のお夜食にもどうぞ。

【ご紹介したアイテム】
1人分の鍋を用意したい時に便利な個食対応鍋です。琺瑯製なので火の通りもよく、軽くて洗いやすいのも◎
野田琺瑯 ココナベ(個々鍋) 小



【7】食べ盛りのお子様もお腹いっぱい


普通の量じゃお腹が満たされない!という食べ盛りを抱えたご家庭には、このくらいのサイズ感がちょうどいいかも。

alt

こなべにしてはやや大きなKAKOMI 土鍋の1.2Lサイズ。大鍋の約半分ほどの容量があり、ボリューム満点のひとり鍋が楽しめます。

IHやオーブンに対応していたり、蒸し器がついているのは大鍋と同じ。
あと一品追加したい時の蒸し料理や、ごはんをちょっとだけ炊きたい時にも便利です。

【ご紹介したアイテム】
季節に合わせた様々なメニューに対応できる万能な土鍋。こちらは1〜2人分に丁度いい、1.2Lサイズです。
KAKOMI IH土鍋 1.2L /KINTO キントー



冬といえば、やっぱり鍋料理。
おいしいだけでなく、家族の会話や家庭の温もりを感じられる大切なメニュー。
感染症への配慮はしつつも、今年も和やかに、ホカホカ楽しみたいですね。


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

期間限定送料無料