気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

KINTOの一輪挿し「SACCO」で暮らしを豊かに。

KINTOの一輪挿し「SACCO」で暮らしを豊かに。

おうちで過ごす時間が増え、自宅の空間をより快適にと思うようになりました。
暮らしの本質の大切さに気づき、その時間の尊さに気づかされる日々。
外に出ることができなかったステイホーム中は、何度お花に癒されたことか。
住空間に植物の存在があるだけで、外の自然を意識することができ、気持ちが穏やかになることを知ったのでした。

そんなことから、最近暮らしにお花を添える人が増えているんだそう。
でも、お花を飾り方ってどうやるの?
どんなお花を買えばいいの?
そんなふうに思っている人も多いはず。
難しく考えず、気軽にお花を楽しむことができたらいいですよね。
今日は、お花が簡単に、素敵に飾られる、雰囲気のあるフラワーベースをご紹介します。
あれこれ考えず、好きなお花を一つ。
それだけで幸せな気持ちにしてくれるKINTOの一輪挿しです。


一輪挿し「SACCO」


「お花を飾りたいけど、どう飾っていいのかわからない…」
という方は、一輪挿しを一つ持っておくといいですよ。
一輪挿しは、植物一つからお部屋にかざることができ、その存在を引き立ててくれる花瓶。
他の植物との相性や、バランスなどを深く考えなくても、お花一つからスタートできる初心者に嬉しい花器です。

例えば、花束をいただいた時は、大きな花瓶にどっさりそのまま挿す。
一つだけ抜き取って、小さな一輪挿しに添え、玄関や洗面所に飾る。
それだけでいいのです。

alt

KINTOの「SACCO(サッコ)」は、ガラス被せの花器。
透明なガラスを色ガラスで覆うように重ねた製法で、美しい瑞々しさを放ちます。
グレー、ブラウン、グリーンと、渋めなカラーバリエーションが上質で大人っぽいインテリアに仕上げてくれそう。

alt

最近やっと末っ子が無茶をしなくなり、ステイホームと同時に花器に目が行くようになったわが家。
「SACCO」のグリーンを取り入れました。
まずは、集め始めた花器コーナーに並べてみることに。

alt

山吹色がかった渋めなグリーンは、わが家に新しい雰囲気で新鮮。
朝の光、夕方の光。
時間によって光の映り方が変わる、ガラスの美しさにうっとり。

インテリアをディスプレイする時は、奥行が出るように、三角の空間をつくることを意識します。
三角の頂点をどこかにつくるように。
ただ並べるだけよりも空間が上品に仕上がり、目を引くディスプレイになりますので、ぜひ試してみてくださいね。


小さな空間にも飾りやすい花器


できればどんな空間にも合う、どんなお花にも合う花瓶が理想ですよね。
KINTOの「SACCO」は、小さな空間にも置きやすいデザイン。
カラーによって、それぞれ違う形で作られています。

背が低めな、ぽってりとしたグリーン。
のっぽでスレンダーなブラウン。
クールにも上品にも演出しやすいグレー。


インテリアに合わせた花器が一つ決まれば、玄関の棚、キッチンの片隅、サニタリーやトイレ、リビングのニッチ…と飾る場所がたくさん浮かんできませんか?
仕事から帰宅した時の玄関の一輪に、心がホッとしたり。
キッチンで、気持ちをワクワク躍らせたり。
朝起きて洗面所で、「今日もがんばろう」とお花に元気をもらったり。
小さな子供がいてリビングにお花を飾るのは難しいけど、ニッチに小さなお花を飾るくらいならできそう。

alt

ニッチに「SACCO」グリーンを置いた風景。
平べったく、小さく収まるサイズが、わが家のニッチにぴったり。
ニッチは小さな空間なので、子供がお散歩中に摘んだ小さなお花を添えるのにもちょうどいいのです。
幼稚園から持ち帰るお花のおみやげも、インテリアの一部になるうれしさ。

alt

一輪を簡単に飾ることができる一輪挿しは、暮らしにお花を添えることのハードルを下げてくれる気がします。
気軽に暮らしにお花を添えられることができ、それだけで暮らしが上質になるアイテムなのです。


ドライフラワーを暮らしに添える


インテリアに緑が少なかったわが家。
緑の生き生きとした植物を取り入れたいと思いつつも、枯らせてしまうことが多く、子供が小さいので大きな鉢や、生花を置くことにも抵抗がありました。
私のような人におすすめなのが、ドライフラワー。
ドライフラワーなら枯れないし、雑貨のような感覚でインテリアの一部に取り入れやすいのです。

alt

「SACCO」にドライフラワーを添えて、お花のある暮らしを簡単に。
無造作に挿し込むだけでいい。
それだけで丁寧に暮らしと向き合うことができる、というのがうれしいですよね。

alt

子供が卒園や入学のお祝いにいただく花束。
わが家は節目の記念に、花束から好きなお花を数本抜き取り、ドライフラワーにします。
お花はいつか枯れてしまうものだけど、こうして残しておけるというのもドライフラワーの魅力。
「SACCO」に添えれば、ふと、気持ちを豊かにしてくれるものになるはずです。
お花をいただく節目にも、備えておきたいアイテム。

いかがでしたか?
KINTOの「SACCO」一輪挿しでもっと簡単に、インテリアにお花を取り入れてみませんか?
きっかけを作ってくれる花瓶になるはず。


【ご紹介したアイテム】
ふっくらとしたデザインが遊び心をくすぐり、様々な草花との組み合わせが愉しめる、アシンメトリーなフラワーベース。何気ない花の一輪挿しも絵になるので、お花初心者さんにも◎

SACCO サッコ ベースガラス 一輪挿し/KINTO


コラムトップ
期間限定送料無料