気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

「STAND.自立するほうき」で毎日の小そうじが続けられる習慣に。

「STAND.自立するほうき」で毎日の小そうじが続けられる習慣に。

お掃除は毎日の習慣から。
これは掃除が苦手な私が、日ごろから心掛けていることです。
ただでさえ忙しい年末。
溜め込んで一気に済ませる大掃除は、忙しい自分の負担になることに気づき、ここ数年大掛かりな大掃除を減らすように心がけています。
その分毎日の中で、何かのついでにやるようになったのが「小そうじ」。
掃除をする度に、もっとラクにできる方法はないかな?と、小さな積み重ね掃除を大切にし、汚れを溜め込まない工夫を見つけるべく、目を光らせています。
ポイントは、便利で適切な「掃除道具選び」と、それを使う場所のすぐそばに置く「収納」。
この2つを抑えれば、掃除はラクになるんです。
今日は毎日の小そうじをラクにしてくれるアイテムの1つ、「STAND.自立するほうき」をご紹介しますね。



タイプは2つ。柄が着脱できるホワイトと、くすみカラーがかわいいアイボリー。


「STAND.自立するほうき」はコンパクトで場所を取らない、自立タイプのスリムなほうき。
ほうきの植毛部分をカバーで覆い、そのまま置くことができるという、極めてシンプルなデザインです。

カラーは2色。
柄の部分が着脱できて、長さを2パターン変えられるホワイトと、着脱できない分、よりシンプルな構造のアイボリーがあります。
アイボリーはくすみがかったピンクに近い色で、ベージュ系のインテリアにすっきり馴染みそう。
使い方によって選ぶのもよし、おうちのインテリアの雰囲気に合わせて選ぶのもよし◎です。

alt

わが家が選んだのは、柄が着脱できるタイプのホワイト。
柄を付けた状態の全体の長さは67.5㎝と、だいたい股下くらいの高さです。
床に直置きした状態は、サッと手が伸びる‟ちょうどいいい高さ“といったところ。
シンプルで、直置きが許せるデザインがうれしいですよね。

alt

ほうきは、毛の部分を下に向けて置くと、ほうきが撓って劣化してしまい、収納に不便さを感じます。
ですが、「STAND.自立するほうき」は毛の部分を隠して管理できるというのがうれしい。
見た目も衛生的ですし、ほうきとしての存在感を感じさせない。
これなら使ったあとも抵抗なくその場にヒョイと置けますよね。

alt

ボタンを押しながらワンタッチでスライドして出せる便利さ。
毛の部分の素材はポリプロピレンで柔らかく、よく撓る毛先の使い心地も◎
タイルの目地部分にもしっかり密着してくれるので、玄関掃除にも最適です。

alt

柄を着脱できるホワイトなら、短いほうきとしても活用できるので、シューズクロークの棚そうじもラクラク。
柄を外した状態で、長さは42㎝。
コンパクトで狭い場所も掃除しやすい。

alt

棚上に溜まった砂埃を掃うのも「STAND.自立するほうき」で解決。
あれこれほうきを持たず、これ1つで玄関掃除ができるというのもいいですね。



スリムさが使いやすさの秘訣


注目したいのは、「STAND.自立するほうき」のスリムさ。
スリムでコンパクトだからこそ、使いたい場所に気軽に置ける便利さがあります。
省スペースで置けるので、あまり大きく設計していないわが家の玄関にもちょうどいいサイズ感。
アパートやマンションの玄関など、現代の住宅にぴったりですよね。

alt

靴ベラと変わらないサイズ感。
直置きする以外にも、フック穴を利用して、フックに掛ける収納も可能。
ほうきが大きいとどこに収めようか悩むものですが、こんなにコンパクトなら心配ご無用。
目につく場所にスッキリと置けて、サッと手に取れることで、気軽に掃除に取り掛かれるという仕組みづくりができます。

朝、子供を見送ったついでに、玄関をサッと小そうじ。
気が付いた時に、何かのついでに取り掛かることができたら、掃除のハードルが下がりますよね。
さらに便利で快適な掃除道具なら、やる気も出ます。
毎朝できる気軽さが、大掛かりな掃除を回避できる近道になるのです。

alt

リビングカーテンの隅っこに置いて、掃き出し窓の掃除道具としても。
窓枠に溜まる砂埃は、溜め込むと掃除が大変。
これも大掃除になりかねない場所です。
毎日とまではいかなくても、気づいた時にサッと小そうじで済ませることができたら、大掃除も回避できるはず。

alt

窓際に「STAND.自立するほうき」をひそめて、気づいた時に掃き掃除。
スリムだから、窓枠に大きすぎずぴったりフィット。
立ったまま使える気軽さもこの場所にぴったりです。

alt

使い終わったらまた隅っこに。
ここでも溜め込まず、こまめに掃除に取り掛かれる掃除道具と収納場所のマッチングの完成です。
あとは、「ちょっと今日は念入り掃除をがんばれそう!」という日に、拭き掃除をすれば、年末の大掃除まで持ち込むことなくキレイを維持できますものね。

alt


いかがでしたか?
この年末大掃除で大変だった場所も、仕組みの見直し一つで、日ごろの小そうじに変換。
便利な掃除道具「STAND.自立するほうき」で、小そうじを習慣づけてみては。



【ご紹介したアイテム】

自立できるスリムなほうき。使いたい場所の隅っこに置いて、気軽に掃除に取り掛かれる仕組みをつくれる便利な掃除アイテムです。

STAND.自立するホウキ


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

期間限定送料無料