気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

オブジェのように飾るフラワーベース。「PIKE brass base」で花のある暮らしを。

オブジェのように飾るフラワーベース。「PIKE brass base」で花のある暮らしを。

花のある暮らし。
日常に花を一つ添えるだけで、心が健やかに、穏やかになります。
生き生きとした生命力を感じさせてくれる生花。
その頃の背景や思いも共に馳せてくれるドライフラワー。
花を手にする時間は、心を落ち着かせる効力がありますよね。
上手に手軽にオブジェのように飾れたら。
今日はそんな思いを叶えるフラワーベース、「PIKE brass base」をご紹介いたします。


brass(=真鍮)と試験管の洗練されたデザイン


「PIKE(ピケ) brass base」はガラス素材の一輪挿し。
少し華奢な雰囲気を持った試験管のようなガラス素材が、インテリアを上質に変えてくれる佇まいです。
シンプルで小さくて、守りたくなってしまうかわいさ。
そのガラスを守るように囲っている真鍮もまた、細く華奢なデザイン。
色味は、光過ぎないよう施された、マットな重厚感あるゴールドです。
アンティーク調の真鍮は、職人さんの手作業で繋がれた線の美しさがあり、この組み合わせがとっても素敵。

alt

オブジェのような洗練されたデザインにうっとり。
真鍮のワイヤーに試験管を置く形で、ガラスが宙に浮いたようなデザインに。
光がガラスを通った時のキラキラとした影が、インテリアの空間に自然体の輝きを与えます。


壁掛けのアートのように花をしつらえる“wall”タイプ。


壁に飾れる“wall”タイプには、丸いフォルムの「ROUND」、ひし形の「DIAMOND」、長方形の「RECT」の3つの形があります。
浮かして飾ることができるので、まるで壁掛けアートのよう。
ちょっと寂しい壁の空間にプラスしたい、壁掛けタイプのフラワーベース。
アートを飾るのはハードルが高い。
でも、一輪差しが壁掛けにできるのなら気軽に楽しめそうですよね。

alt

季節の花を添える楽しみを。
わが家は玄関に入ってすぐ目に入る場所に。
春の間は、ミモザのドライフラワーを飾ることにしました。
お花屋さんでミモザをほんの一輪だけ買って、「PIKE brass base」に一輪挿しに。

alt

茎の曲線を生かして、壁から飛び出すように立体的に挿してみました。
旬のお花を束で買うのは、なかなかの出費で続けづらい…。
でも一輪挿しなら、気軽に花のある暮らしを続けることができます。

もちろん水を差すこともできるので、生花を飾るのもおすすめ。
週の変わり、ひと月の変わりに、花を挿しかえる楽しみがウォールアートに変わるのです。

alt

生花を生けるのは苦手…という方には、春夏秋冬でドライフラワーを挿しかえるのはいかが。
季節の変わり目にお花屋さんに通い、その時惹かれたドライフラワーを一本だけ「PIKE brass base」に挿す、というのもおすすめ。
お店から持ち帰った花は、根本の部分をちょうどいい長さに自宅でカットします。

alt

一本だけでいのですから、バランスを考えるのも簡単。
技術やセンス要らずで、あとはデザインの良いフラワーベースにお任せ。


上級者向けにはこんな吊るすアイデアも。

alt

白い糸で天井や建具から吊るし、ハンギングプランツならぬ、ハンギングフラワーベースに。
この方法は、壁との接面がないので、小さなブーケタイプのお花も挿すことができます。
フィンランドの伝統的な装飾品ヒンメリのようにも見えませんか?
ゆらりゆらり。
部屋に吊るし、お花がゆらゆら揺れ動く姿はモビールのようにも見えます。
時々壁に映る影にうっとり。


暮らしの片隅に花を添える“stand”タイプ。


テーブルや窓際など、お部屋の片隅に置ける“stand”タイプには、丸い形の「CIRCLE」、四角い形の「SQUARE」の2種類があります。
空間にちょこんと置けるタイプなので、さらにテクニック要らず。
ちょっとしたスペースに置くことができるので、より気軽でおすすめです。

alt

いくつかの種類のお花を束ねて挿すのも、ブーケタイプのものも、挿すだけで完成。
どんなお花も絵になるうれしさ。
折れてしまった草木を「PIKE brass base」に添えることも◎
小さなお花でも、十分に暮らしを彩ることができるのです。

alt

大きな枝ものを買ってきて、端の枝をちょっぴりカットしても。
これは桃の節句に向けて、お雛様の横にちょこんと添える用に。
こんなふうにして季節のイベントを楽しむのもいいですよね。

alt

窓際の建具に置けるサイズ感は、お部屋のどこに置いても絵になるので、雑貨と一緒に飾る楽しみもあります。
一輪挿しは、お花そのものの曲線美を楽しむめるのが魅力。
束ねてバランスを伺う難しさもありません。
ぜひ、自然体の花のある暮らしを楽しんでみてくださいね。
お花が一輪あるだけで、暮らしや空間は上質なものになり、きっと心まで豊かなもの変えてくれるはず。


【ご紹介したアイテム】
オブジェのような真鍮とガラスのフラワーベース。
お花一つ挿すだけで、暮らしにアートのような彩りを与えてくれます。

PIKE brass vase フラワーベース


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

期間限定送料無料