気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

しっかり防水?ファッション性?暮らしに合わせて選びたい、「レインコート」あなたはどっち?

しっかり防水?ファッション性?暮らしに合わせて選びたい、「レインコート」あなたはどっち?

6月に入り、いよいよ本格的な梅雨シーズンの到来。
各地で梅雨入りが発表されていますが、雨の日対策は整っていますか。

雨の日というと、「傘」を思い浮かべる人が多いと思いますが、
今回注目するのは「レインコート」

スタッフにレインコートについて聞いてみると、
■多用している派の意見
「保育園の送り迎えで、毎日自転車に乗るからレインコートが欠かせない」
「家から駅まで距離があるから、雨の日は傘を挿すだけではかなり濡れちゃう、、」

■基本使わない派の意見
「とりあえず持っているけれどあくまで濡れないため。デザインは二の次であまり人に会いたくない状態になる」
「正直レインコートって面倒だし、やぼったいイメージ。買ったことないです...」
など、レインコートに対する考え方は人によってかなりばらつきがある様子。

今年アンジェには2種類のレインコートが登場しました。
1つめは、自転車ユーザー必見の秘策が詰まった「防水 自転車用レインコート」
2つめは、このまま街歩きOK!軽アウター感覚で着られる「ポケッタブル ワンマイルレインウェア」

今回はこの2つをスタッフが実際に試着し、
それぞれの特徴について徹底比較してみました。

※着用してるスタッフの身長は、161cmです。


【1】自転車用レインコート、着てみました


alt

まず着てみたのは、「防水 自転車用レインコート」
実際に広げてみると、ひざを隠すロング丈や、たくさんのファスナーやボタンなどで機能がぎゅっとつまっている様子。

【前】
alt

【横】
alt

【後ろ】
alt

生地がしっかりしているのと、丈も長めで着た時の安心感があります。
こちらは技ありディテールが満載で、自転車に乗った時に雨濡れを防いでくれる裾のアンダーガードが特に便利だなと思いました。」


※アンダーガードについて
alt
ジッパー開閉のアンダーガード(三角マチ)が付いています。
内側にアンダーガードがあることで、自転車乗車時にどうしても濡れてしまう「膝から太ももあたりの雨」と、「風によるバタつき」を防止してくれます。

完全防雨のポイント「レインバイザー(別売り)」


アンダーカバーだけでなく、「顔周りもしっかり雨から守りたい」という方にぴったりの「レインバイザー」をプラスでつけることも可能。

alt
「レインコートだけでもじゅうぶん雨をしのげますが、レインバイザーを装着すると、本当に無敵の気分になれます。
フードだけだとどうしても前からの雨は防げませんが、レインバイザーのおかげで前からの雨の侵入も防げそう。


alt
▲フード部分とボタンでしっかりとめられるから、風で飛ばされてしまう心配もなし!


「機能面が充実しているので、自転車に乗る時や豪雨、強風の日で傘をさせない日などに着たいと思いました。
生地がしっかりめなので、肌寒い日はちょっとした防寒対策にもなりそう。モッズコート風の程良いカジュアルデザインも着やすかったです。」


自転車に乗ってみました


alt
「全然邪魔にならないよ〜。スイスイいけるよ〜!」
軽快に楽しそうに走るスタッフ。(笑)

この日に乗った自転車は後ろからまたがないといけないタイプだったので、少し前のボタンを開けないと乗車の際に大変そうでしたが、
電動自転車など前から座るタイプであれば、よりアンダーガードの力を発揮させることができそうです。

実際に乗る際は、タイヤへの巻き込みなどがないよう、注意をしてご乗車ください。


ポケッタブルワンマイルレインウェア、着てみました


alt
2つめは、「ワンマイルレインウェア」
撮影していた日は曇りだったのですが、雨でないこの日に着ていても全く違和感なく、街に溶け込んでいました。

「まず驚くのはとっても軽い着心地なこと。
サッと纏っただけでこなれ感が出る、流れるようなシルエットに、レインコートなのに少しテンションが上がります。
さらにマットな素材感のおかげで良い意味でレインコート感が強くなく、軽アウター感覚で着られて、これまでのレインコートのイメージを覆してくれました。
レインコートは持っていなかったのですが、カジュアル通勤の日や、アウトドアシーンで活躍してくれそうなので、このデザインなら日常使いに取り入れやすいと思いました。」


【前】
alt

【横】
alt

【後ろ】
alt

「薄手なので季節を問わず着やすそうなのと、大きめのフードで、被った時顔周りをしっかりと覆ってくれる安心感があるのも良かったです。
軽くてコンパクトにもなるので、今はなかなか行けませんが、旅行などで持ち歩く際にも便利そうだなと思いました。」


alt

まとめ



【自転車用レインコートを選ぶべき人】
・子どもの送迎など、日常的に自転車に乗る
・完全に服や肌が雨に濡れない防水効果が欲しい
カジュアルテイストが好みの人

【ワンマイルレインウェアを選ぶべき人】
・レインコートにもファッション性を求める人
・雨の日のお出かけが億劫になってしまう人


楽しみにしていた予定の日や早起きして向かう出勤の日、
雨予報を聞くとなんだか憂鬱な気分になっていたという人も、
雨の日を快適に、ちょっぴりうきうきした気持ちにさせてくれるレインコートがあれば、
これからの梅雨シーズンがいつもより待ち遠しく感じられそうです。


【ご紹介したアイテム】
機能面もデザイン面にもこだわって作られた、自転車専用のレインコート。雨をしっかり防ぎながら、街歩きにもOKなデザインに仕上げられました。
防水 自転車用レインコート(レインバイザー対応)


【ご紹介したアイテム】
きれいめに着られるレインウェア。カジュアルすぎない女性らしいシルエットが特長で、通勤や旅行など幅広いシーンで活躍します。専用ポーチ付きで持ち運びも◎。

ポケッタブル ワンマイルレインウェア/アトリエブルージュ ATELIER BRUGGE【送料無料】


コラムトップ
期間限定送料無料