気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

大人が持つのにちょうどいい、持つ人を選ばない「一目惚れ」ならぬ「二目惚れ」バッグ

大人が持つのにちょうどいい、持つ人を選ばない「一目惚れ」ならぬ「二目惚れ」バッグ

探し出すとなかなか見つからない“どんなコーデにもしっくりくる”バッグ。
コーデのスパイスになってくれるようなデザイン性が高めの、いわゆる“一目惚れ”で買ったバッグは、使う出番が少なかったり年月と共にクローゼットの奥にしまったまま、なんて経験ありませんか?
「撥水ナイロン 舟形トートバッグ/アグレアーブル Agreable」は、見た目こそシンプルですが、それ故どんな人が持ってもすっと馴染む名脇役のようなバッグ。最近「どんなバッグを持てばいいのか分からない」と、バッグ迷子のわたしにフィットするバッグでした。

「それ、わたしも持ってる!」ブランドバッグの罠


alt
▲これらのバッグは、友人ともうっかりお揃いに。

ファッションに関して割とミーハーなわたしは、ブランドのロゴが入っているようなバッグもかつてはお気に入りでよく使っていました。が、インパクトのあるデザインのものほど飽きるのが早かったり、また印象にも残りやすいからか、巷にも溢れ出して気が付くとすれ違う人と「あら、お揃い」なんて少し照れくさい場面もしばしば。
もちろんそれなりに知名度のあるブランドアイテムは、気分を高めてくれたり品質に安心感があったりと、良い点もたくさん。修理やメンテナンスをしながら、長く丁寧に使い続ける意識を持つことも、素敵な物の選び方だと思います。

とはいえ、人と被るデザインのものばかりなのも没個性でおもしろくないなぁと悩む日々。
また、日常で使いやすい手提げタイプのものとなると、わたしの頭の中はまた某有名ブランドのものが思い浮かび、買う買わない論争を一人でし続けていました。


持つ人とセットで可愛く見える、シンプルバッグの上品さ


alt
「舟形トートバッグ」を初めて見たときは、そのシンプルなデザインゆえ正直それほど印象的ではなかったのですが、バイヤーの池田が持っている姿を見たときに、「あれ、可愛いかも。。」と徐々に心惹かれていきました。

バッグ単体で見たときは気づきにくいのですが、そのころんとしたサイズ感や、テラテラしていない厚手のナイロン素材、所々あしらわれた本革使いなど、さり気ないのですが大人が持っていて恥ずかしくないディテールが散りばめられています。それでいてデザイン性を主張しすぎないところに何とも言えない謙虚さを感じました。
巷にあふれたものではなく八の字のテープハンドルが少し個性を出していて、持つ人のセンスやこだわりも感じられます。


本当に誰でも似合うバッグなの?スタッフで検証


わたしのようなカジュアルな人間も、綺麗目な方のお仕事バッグとしても、とにかく持つ人や場面を選ばないところもこのバッグの魅力。
アンジェには様々なスタイルのスタッフがいますが、本当に誰が持っても違和感なく持てるのか、実際に普段のコーデに合わせて持ってもらいました。

スタッフ岩崎


スラリとした長身でハンサムなスタイルが多い岩崎。
マニッシュなコーデもほんのり女性らしい印象にしてくれます。
alt

スタッフ平山


デザイン性の高い洋服もさらりと着こなすバイヤー平山。
カラーアイテムともばっちり馴染んでいます。
alt

スタッフ池田


カジュアルな中にも、綺麗目要素を取り入れるのが得意なバイヤー池田。
オフィスカジュアルな上品コーデにも違和感ありません。
alt


他にも数名のスタッフに持ってもらいましたが、どのスタッフが持っても確かに違和感がない!
それぞれテイストの違うお洋服なのにしっくりくるのは、計算されたシンプルデザインだから。
コーデの主役というよりも、邪魔をせずそっと寄り添うような、そんなバッグです。


デザインだけじゃない、使いやすくて優しい持ち心地


alt

ついつい手に取ってしまう理由は、コーデに馴染みやすいデザイン性だけではありません。
腕に掛けてさっと荷物を取り出せるショートハンドルのバッグは、機能的にも便利で手軽に持ちやすいのですが、長時間腕にかけて持ち歩いていると、持ち手が腕にくいこんで跡がくっきり付いたり痛くなることも。
こちらのバッグは、ちょうど腕に当たる部分に柔らかなレザーが張られているので、肌当たりが良く、何もされていないハンドルのものよりも痛さを感じにくいんです。
バッグ自体もオールレザーのバッグと比べると軽量なナイロン素材なので、荷物をたくさん持ち歩く日も憂鬱になりません。

alt
▲オフィスやカフェなどの出先で、ひじ掛けなどに掛けやすいのも短めハンドルの良いところ。


荷物持ちさんも納得のサイズ感


alt

お休みの日、最低限の荷物を入れたミニバッグでのお出かけは、女性らしくて素敵ではありますが、やっぱりそこそこ荷物の入る実用性のあるバッグを選んでしまいます。
ただ、バッグが大きければ大きいほど無駄に荷物を増やしてしまう習性があるわたしには、小さすぎず大きすぎずの程よいサイズ感というのも大切なポイントです。
わたしにとっての程よいとは、お財布、スマホ、ポーチなどの細かな荷物に加えて、ペットボトルや折り畳み傘が入っても、まだ少し余裕があること。
小ぶりに見えて必要最低限+αくらいの荷物はしっかりと収納できるので、バッグを2個持ちする必要もなく、また荷物も探しやすくてぱっと取り出せるのが◎。ミニマリストにはなれないわたしの最も使いやすいサイズ感です。


alt

一目惚れでは決してなかったけれど、他の人が持っている姿を見れば見るほど、だんだんとその魅力に気づいたバッグ。
使ってみるとさらに、ちょうどいい使い心地にすっかり虜になってしまいました。
これから先、季節や流行に捉われずに長く使いたい相棒バッグになりそうです。


【ご紹介したアイテム】
光沢を抑えたナイロン素材に牛革をポイント使いした大人のトートバッグ。コンパクトに見えてA4サイズもぴったり入ります。通勤からカジュアルスタイルまで幅広くマッチ。

撥水ナイロン 舟形トートバッグ/アグレアーブル Agreable【送料無料】


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

こちらのコラムも一緒に読まれています

こちらの商品も一緒に見られています

期間限定送料無料