気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

【私のデスクワークを快適にするアイテム】「±0」LEDスタンドライト

【私のデスクワークを快適にするアイテム】「±0」LEDスタンドライト

静かな寝室に自分のデスクを構え、ワークスペースをつくりました。
子供たちと過ごす時間の中で、ひっそりと自分の時間を持つ大切な場所。
そのワークスペースをもっと快適にするためにお迎えしたインテリア雑貨たちをご紹介します。
今日ご紹介するのは、「±0(プラスマイナスゼロ)」のLEDスタンドライト。
洗練されたモダンなデザインのスタンドライトを、わが家はデスク周りに取り入れてみました。


シンプルだから、組み立て簡単。暮らしにすっと馴染む。


「±0」のデザイン家電と言えばシンプルでミニマルなデザインでお馴染み。
さりげなく洗練されたデザインで、インテリア力を高めてくれつつ、主張しすぎないことから、他のインテリアアイテムとも合わせやすいところが魅力です。
私たちの暮らしにすっと馴染んでくれるデザイン家電。

alt

こちらのLEDスタンドライトもまた、シンプルでミニマルなデザイン。
小ぶりなデザインなので、「空間の片隅にちょっと置きたい。」を叶えられるのがうれしいですね。
効率よく仕事を進めるため、スペースを広く使いたいデスク周りにはぴったりなアイテム。

alt

箱から取り出して、早速組み立ててみます。
無駄のないシンプルな構造だから、組み立ても簡単!
助けは不要。
「±0」のすぐに使える手っ取り早さがたまらなく好きです。

alt

ネジを一度外して、そこにスタンドを挟み、またネジを回して止めるだけ。
ドライバーひとつで簡単に組み立てることができます。

素材はアルミと鉄。
手に持つと、ぐっと適度な重量感があり、高級感を思わせます。

alt

裏には滑り止めが付いていて、スタンドの重みをすっと支える安心感も。
でこぼことしていない、フラットなデザインだからこそ、無駄がなく気持ちがいいのです。

alt

うれしいのは、配線もスタンドライトと同じ配色にしてあるこだわり。
白いデザイン家電に絞り、インテリアにこだわるわが家には、ここは譲れないところ。
せっかくスタンドライトが真っ白でおしゃれなのに、配線が黒くてチグハグ!…なんて残念な気持ちになることがよくあるのですが、「±0」のデザインへのこだわりはさすがです。
ブラックのスタンドライトには、きちんとブラックの配線がデザインされているのです。
インテリア好きのこだわりを受け止めてくれるデザインですね。


USB式の便利さ、ご存知ですか?


デザイン家電には、近年USB給電式のものが多いですよね。
ランタンやハンディ扇風機など、持ち運びができるタイプの小型家電は特に、手軽に給電できてとっても便利。
そして、なんとこの「±0」スタンドライトも、USB給電式なのです。

alt

ノートパソコンからも給電可能なUSB式は、デスク周りで使うのに最適。
コンセントのない場所、足りない場所でも使える上に、持ち運びタイプのモバイルバッテリーなどで充電することができます。
例えば、屋外やお出かけ先のカフェでも使えるようになるのです。

alt

お部屋で一緒に使うアイテムとしておすすめしたいのが、「Fargo」の壁差しコンセント。
私のワークスペースでは、大活躍中のアイテムです。
「±0」スタンドライトにはUSB口を使うので、コンセント口は他の家電に優先的に使うことができます。
USB式の家電は、他の家電とコンセント口の取り合いにならず、配線もコンパクトに収めることができ、とっても便利です。


インテリアの灯りを楽しむ明るさ調節も、角度調節も。


お部屋に灯りを灯すとワクワクします。
スタンドライトの灯りは、手元の作業を照らしたり、ベッドルームの読書時間を増やしてくれたり、おうち空間の趣味時間を充実させてくれますよね。
ライトのデザインや、灯りのデザインを楽しむのも、インテリアの醍醐味。
「±0」スタンドライトは、45°の上下の角度調節ができる機能的なスタンドライトでいて、スタイリッシュな見た目をキープ。

alt

「±0」スタンドライトは、電球色と昼光色の2つの顔持つスタンドライト。
電球色とはちょっぴりオレンジがかった温かみのある色の電色で、例えばベッドルームでのリラックスシーンなどにおすすめ。
ほんのりとした灯りが目にやさしい光を灯してくれます。

alt

電球色は、強→弱と2段階の明るさを、指タッチで調整します。

alt

もう1タッチすると、昼光色の灯りに。
昼光色は、デスクワークでの作業を灯すシーンにおすすめ。
パソコンの文字を見やすくし、本の活字を読み取りやすく感じさせてくれます。
こんなふうに壁に灯りを当て、間接照明にすることで、より灯りを目に優しく扱うことができます。

alt

夜の静かな時間での執筆は、ほんのりと目に優しい灯りがうれしい。
ちょっと見えづらいなぁ…と感じたら、昼光色に変えてみてと、その日の疲れや感じ方に合わせてワンタッチで調整できるところがうれしいですね。
みなさんはどんなシーンで使われますか?



【ご紹介したアイテム】
上下45°の角度調節、3段階の電色調節ができる、スタイリッシュなスタンドライト。
コンパクトでUSB給電式なので、狭い空間でも取り入れられる手軽さが人気。

±0 LEDスタンドライト/プラマイゼロ【送料無料】


コラムトップ

新着記事NEW COLUMN

こちらのコラムも一緒に読まれています

こちらの商品も一緒に見られています

期間限定送料無料