気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

【15分で作れるアペリティフ(前菜)6種】第3回「大根と梅の和風アペリティフ」

【15分で作れるアペリティフ(前菜)6種】第3回「大根と梅の和風アペリティフ」

料理家さんに教えてもらうおもてなし料理。
「15分で作れるアペリティフ(前菜)」の第3回は「大根と梅の和風アペリティフ」。
ベジファーストとしても使える前菜です。

材料 (2〜3人分)
大根:根本に近い方、10センチ程度
塩:少々
きゅうり:1本
大葉:2〜3枚
梅干し:大1個
かつお節:1袋

【15分で作れるアペリティフ(前菜)6種】第3回「大根と梅の和風アペリティフ」

【1】大根の皮をむいて、薄くスライスし、塩をふります。
【2】きゅうりはそぎ切りしておきます。
【3】大根から水がでたら軽く絞って皿の上に並べます。
【4】3の上に、そぎ切りしたキュウリ、ちぎった大葉、ちぎった梅干し、最後にかつおぶしをのせます。

スレートに盛り付ければ見た目のコントラストも美しい一品に。
季節問わず美味しく頂けます。


律子さんからのアドバイス

大根の先の方を使うと辛味がでるので、根本に近い方を使うほうが美味しく頂けますよ。


プロフィール

シャルル律子さん

フランスの家庭料理を中心とした「実験料理工房」を開催。
おもてなし料理を短時間で作ることをメインとしたお料理教室です。
海外で過ごされる時間も長く、フレンチだけでなく各国の料理を和風にアレンジすることも得意。最近は50人程度のパーティー用フィンガーフードなども行っています。



【特集連載】15分で作れるアペリティフ(前菜)6種

第1回「豆腐のカプレーゼ風」
第2回「アボガドとキノコのホットサラダ」
第3回「大根と梅の和風アペリティフ」
第4回「アボガドと豆腐の前菜」
第5回「イサキのカルパッチョ和風仕立て」
第6回「季節の柿とアンチョビのマリネ」









【ご紹介したアイテム】

食材をラフに盛り付けるだけでテーブルの主役になるプレート、bruno マルチスレートです。
BRUNO マルチスレート ロング/ブルーノ 2,700円(税込)

コラムトップ
期間限定送料無料