気ままな暮らしの向こう側 日々のコラム

【15分で作れるアペリティフ(前菜)6種】第1回「豆腐のカプレーゼ風」

【15分で作れるアペリティフ(前菜)6種】第1回「豆腐のカプレーゼ風」

料理家さんに教えてもらうおもてなし料理。
「15分で作れるアペリティフ(前菜)」の第1回は「豆腐のカプレーゼ風」。
三色の層が美しい、目でも楽しめるお料理です。

材料:4個分
木綿豆腐:1/2丁
トマト:1個
バジルソース:大さじ4程度
バジルの葉:2〜3枚
塩・オリーブオイル:少々

【15分で作れるアペリティフ(前菜)6種】第1回「豆腐のカプレーゼ風」
【1】トマトを細かくカットします。
【2】豆腐は薄くスライスし、塩をふって、ペーパータオルに巻いて水切りします。
【3】豆腐、オリーブオイル少々、カットしたトマト、バジルソースの順に断面が綺麗に見えるように重ねていきます。
【4】最後にバジルの葉をのせ、冷蔵庫でよく冷やして頂きます。

通常、モッツァレラチーズを使って作るカプレーゼを豆腐と野菜のみで仕上げた、ヘルシーな前菜です。
WECKに入れて蓋をすれば、冷蔵庫で冷やすのも簡単です。


律子さんからのアドバイス

バジルソースは市販のものでOKですが、自分で作る場合は、バジル+オリーブオイル+松の実+塩をブレンダーにかければ簡単に作れます。
事前に作ってよく冷やしておけば喜ばれますよ。


プロフィール

シャルル律子さん

フランスの家庭料理を中心とした「実験料理工房」を開催。
おもてなし料理を短時間で作ることをメインとしたお料理教室です。
海外で過ごされる時間も長く、フレンチだけでなく各国の料理を和風にアレンジすることも得意。最近は50人程度のパーティー用フィンガーフードなども行っています。


【特集連載】15分で作れるアペリティフ(前菜)6種

第1回「豆腐のカプレーゼ風」
第2回「アボガドとキノコのホットサラダ」
第3回「大根と梅の和風アペリティフ」
第4回「アボガドと豆腐の前菜」
第5回「イサキのカルパッチョ和風仕立て」
第6回「季節の柿とアンチョビのマリネ」







【ご紹介したアイテム】



こちらのサイズはゼリーなど冷たいスイーツのデザートにちょうどいいサイズ。
今だけ「プラスティックカバー(単品)S」「クリップ&パッキンセット」のオマケつき。

WECK Mold Shape 145 6個セット 2,268円(税込)

コラムトップ
期間限定送料無料